人の死のABCを描く、ボルボのブラックなCM

人の死のABCを描く、ボルボのブラックなCM 1

Aはエイミー かいだんおちた。

アメリカの絵本作家、エドワード・ゴーリーの「ギャシュリークラムのちびっ子たち」は、アルファベット順に子供たちが死んでいくというダークサブカリィな絵本です。

あのお話の解釈はさまざまですが、死が不条理なものであるのは違いなし。それは大きくなった大人にとってもそうです。

Laughing Squidが取り上げたこの映像は、Dorian LebherzさんとDaniel Titzさんが手がけたボルボの新CM

あの手この手で死んでいく人たち、しかしボルボならご覧の通り……的なブラック特化型の広告です。

タイトルの「ABC of Death」は、そんな順々死々っぷりを表したものかと思われますが「ABC・オブ・デス」という死々リンピックな映画もありました。こちらもアルファベット順に人が逝きまくる映画で、2も出ています。

image: YouTube
source: YouTube via Laughing Squid, YouTube

ヤマダユウス型