限定1機! 新年の夢に歌舞伎チューニングしたAIロボ「Kibiro」はいかが?

限定1機! 新年の夢に歌舞伎チューニングしたAIロボ「Kibiro」はいかが?

市川染五郎の定紋、三つ銀杏の紋付袴姿がかわいい!

年末、そして年始の季節が近づいてきました。このタイミングになるとクリスマスの話題が出てくるのですが、今日はさらに先を行く、お正月の福袋のお話をしましょうか。

新宿に伊勢丹がありますよね。ええそうです。新宿三丁目交差点のトコにある伊勢丹。こちらでは毎年お正月に、100万円超えの豪華な「夢袋」を販売しているんですよ。2015年の正月は新築戸建住宅&自分たちが主演となるドキュメンタリー動画制作でお値段1億円、2016年の正月はボーカリストレコーディング体験(151万2000円)、松本零士氏描き下ろしの水彩画(201万6000円)。いずれもネタ力に満ちあふれた企画でした。

来る2017年の正月はどんな夢を見せてくれるのかと思ったら、なんと7代目市川染五郎氏監修の歌舞伎チューニングしたAIロボ「Kibiro」というじゃないですか。通常版Kibiroの基本機能のほかに、人工知能KIBITによりユーザーを学習してぴったりの歌舞伎演目をおすすめしてくれる機能や、口上の読み上げ、歌舞伎ドリルといった機能をプラス。受け渡し時には市川染五郎氏からダイレクトに手渡しですってよ。

お代は136万800円。ここには12カ月ぶんのサービス利用料金も含まれます。

申し込みは2017年1月3~4日、伊勢丹新宿店本館6階にて受付だそうです。応募者多数の場合は5日に抽選が行なわれます。この日本の伝統文化と先端技術のコラボから生まれる「Kibiro」を家族の一員とする夢の権利、どなたがゲットするのでしょうか。

関連記事:
笑い飛ばせない……AIロボットが「人類を滅亡させる」と発言
AIを搭載したロボットフィッシュの泳ぎ方があまりにリアル
感情を持つロボット「Cozmo」レビュー:ペットにとって脅威になる!?

source: PR TIMES

(武者良太)