いつでもドコでもドラムの練習ができるエアドラムキット、その名は「Freedrum」

いつでもドコでもドラムの練習ができるエアドラムキット、その名は「Freedrum」 1

重い機材よサラバ。

本格的にドラムを演奏している人でなくとも、膝や足でリズムを取る、タム回し的なドコドコをやってみる、なんてことはありませんか?

あれも一種のエアプレイといえますが、Kickstarterで資金を調達中の「Freedrum」は、そんなエア演奏に本格的な音を与えるユニットです。しかもMIDIもイケるっていうんですから、すごい。

スティックに「Freedrum」を取り付け、スマートフォンと連携させれば準備完了。スティックを振った位置に応じてスネア、タム、フロアタム、ハイハット、ライドなど、ドラム然とした音が鳴ります。映像を見る限り、ベロシティコントロールにも対応しているようです。

いつでもドコでもドラムの練習ができるエアドラムキット、その名は「Freedrum」 2

さらに足(スニーカーなど)に「Freedrum」を取り付けると、バスドラムやハイハットペダルとしても機能します。ひとつのパッケージにつき、ふたつのユニットが含まれているので、手だけでなくフルに演奏したい場合は2セット必要です。もちろん、ツーバスとハイハットの切り替えもできます。

いつでもドコでもドラムの練習ができるエアドラムキット、その名は「Freedrum」 3

iPhoneアプリの「GarageBand」や「DM1」、「MoDrum」、「Vatanator Drum Machine」といった音楽アプリでも機能し、macOSとWindows 10のBluetooth MIDIにも対応。iPhoneをスピーカーにつなげれば、超ミニマルなエアドラム・ライブもできますし、まさにドコでもドコドコな新世代ドラムライフをおくれます。

いつでもドコでもドラムの練習ができるエアドラムキット、その名は「Freedrum」 4

本製品はすでに目標金額の15万ドルを大きく上回っており、アーリープランも完売。89ドルで1セット、169ドルの投資で2セットの入手が可能です。
ドラム関連記事
1分間に1,037ストロークを叩き込む超々高速バスドラム連打
メタライズ・ドラムの達人が演奏する「ワンパンマン」
録音スタジオが変わるとドラムの音はこんなに変わる

source: Kickstarter

ヤマダユウス型