イヤな予感のデジャヴ。誰でも少しだけ無力感を味わえる短編

イヤな予感のデジャヴ。誰でも少しだけ無力感を味わえる短編 1

世界中の小さなガッカリを集めよう!

小さな不幸を前にして、人間の無力さを思い返さずにはいられない、見れば思わずため息をついてしまう動画が公開されています。

こちらはPARALLEL STUDIOに公開されたもの。どのエピソードも身に覚えのあるものばかりで、小さなガッカリは世界共通であることに笑ってしまいます。

本作を制作したParallelは、NETFLIXルイ・ヴィトンなどのコマーシャル用モーションアニメの制作なども手がけているフランスの実力派モーションデザインスタジオです。

彼らはこの動画の公開と同じくして「The Unsatisfying Challenge」という、自由参加型のチャレンジも開催しています。

以下のルールに沿って日常の中で遭遇する、ザンネンでガッカリな、イラっとする小さな出来事のショートアニメを制作し、世界中の人たちとガッカリをシェアできるという素敵なイベントです。

〜「The Unsatisfying Challenge」基本フォーマット〜
・冒頭に「The」から始まるタイトルを2秒間表示。
・アニメーションの長さは1〜10秒。
・エンディングタイトルも2秒間。
・書き出しは正方形ピクセル、1080×1080サイズ。
・音楽は使わずにサウンドデザインすること。
・あとは自由な発想で作るだけ!

Parallelからは自販機あるあるエピソードがフォーマットに沿った形式で公開されています。完成した自作アニメーションは、vimeoにアップロード後にリンクを送信することで、The Unsatisfying Challengeチャンネル上に順次追加されていきます。

第一弾は11月15日の午前0時に公開されるようなので、目が離せません。
関連記事
少女の見る虚構と現実。クトゥルフ神話をもとにしたアニメのパイロット版が公開
動きに宿るストーリー。若手アニメーターによるモーション練習アニメ
名シーンを再現。3DCGで描かれたアニメ「AKIRA」の短編

image: vimeo
source: vimeo 1, 2, 3, The Unsatisfying Challenge, Parallel 1, 2, 3

勝山ケイ素