Apple最新作は、20年のデザイン史が詰まった写真集でした『Designed by Apple in California』

Apple最新作は、20年のデザイン史が詰まった写真集でした

これはAppleファン必携でしょう!

Apple(アップル)といえば、切っても切れない関係にあるのが「デザイン」。iPhoneやMacBook Airなど、数多くのプロダクトがそのジャンルのスタンダードを定義してきました。そんなAppleのデザイン史をまとめた写真集が、11月16日から発売されることになったのです。

Apple最新作は、20年のデザイン史が詰まった写真集でした2

Designed by Apple in California』と名付けられたこの写真集では、過去20年のAppleプロダクトを450枚の写真で美しく紹介。その内容はiMacからApple Pencilまでと、どれもが私たちにおなじみのプロダクトばかりです。

現在Appleで最高デザイン責任者を務めるジョニー・アイブ氏は、前書きにてこのような言葉を送っています。「成功の度合いはともあれ、私たちは常にさりげなく見えるものを作ろうと努力しています。とてもシンプルで、明快かつこれ以外にありえないというくらい必然的なものです」

シンプルかつ必然的、そして誰にでもわかりやすい…。これこそ、私たちの知っているApple製品ですよね。だからこそ、私も安心してApple製品を両親にすすめてきました。

また、このデザインブックは故スティーブ・ジョブズの思い出に捧げるものでもあります。写真家アンドリュー・ザッカーマンが簡素なスタイルで撮影したこの写真集は、ジョブズの「人類にとって素晴らしいものを作ろう」という精神に触れさせてくれることでしょう。

Apple最新作は、20年のデザイン史が詰まった写真集でした『Designed by Apple in California』 1

『Designed by Apple in California』は大小の2サイズ。公式の案内によれば、「金箔つや消し銀縁を施して専用染色された紙に、8色分解と低ゴーストインキを使って印刷されています。亜麻糸で製本されたハードカバーのこの本の開発には8年という年月がかけられました」とのこと。おお、どんなにゴージャスな仕上がりなのか、見てみたいぞ…。

写真集の価格は小さいほう(10.2インチ×12.75インチ)が2万800円、大きい方(13インチ×16.25インチ)が3万800円。販売は11月16日よりオンラインストアのApple.comとApple 銀座で行なわれ、Apple 銀座では展示も行なわれるとのことです。Appleファンの方も、プロダクトデザインに関わる方でも、Designed by Apple in Californiaには新たな発見があるかもしれませんね。

編集部追記(11/16 10:30): さっそくApple 銀座へ購入に行ったギズモード・ジャパン編集部員によれば、16日10時時点ではまだ入荷と展示は行なわれておらず、予定も不明とのことでした。

関連記事:
新型MacBook ProにAppleファンが感じる不満まとめ。付録:過去に遡る男のMBPレビュー
素朴な疑問。なんで新しいMacBook ProとSurfaceは古いCPUなの?

image: Apple
source: Apple 1, 2

(塚本直樹)