Apple、iPhone 8向けに「3Dカメラ」をLGと共同で開発中?

Apple、iPhone 8向けに「3Dカメラ」をLGと共同で開発中? 1

デュアルカメラの新たな使い道に?

iPhone 7 Plusでは、デュアルカメラによって光学ズームが可能になりました。そしてその新たな使い道として、AppleがLGと共同で来年の次期iPhone(通称:iPhone 8)向けに「3Dカメラ」を開発しているという情報が海外で伝えられているんです。

今回のニュースを報じているKorea Economic Dailyによると、この3DカメラはLGが提供するデュアルカメラモジュールを利用。LG傘下のLGイノテックはiPhone 7 Plusのカメラモジュールを提供しているとされており、両社が新型カメラの開発を共同で行なうのは自然な流れです。ただし、この3D写真や3Dカメラが具体的にどんな機能を持つのかは今のところ定かではありません。

一方、過去にはデュアルカメラで3D画像を撮影する「HTC EVO 3D」などのスマートフォンも登場しています。HTC EVO 3Dは背面のデュアルカメラで同時に撮影し、3D写真や3D動画を楽しむことができました。当時はあまり強いアピールポイントにはなっていなかった印象ですが、iPhoneで搭載されるとなるとはたして...?

現行モデルにも搭載されている「ポートレートモード」の強化版として利用されるのか、それとも本当に3Dカメラとして使えるのか…。iPhone 7が登場してまだ2カ月しか経っていませんが、もう次期モデルが気になって仕方ありません。

関連記事:
来年のiPhoneは全モデルが有機ELディスプレイってわけじゃない? その噂の理由とは
AppleのWi-Fiルーター製品、いよいよ終了か

source: 9To5Mac

(塚本直樹)