ドナルド・トランプ効果? AppleがiPhoneの米国生産をメーカーに打診か

ドナルド・トランプ効果? AppleがiPhoneの米国生産をメーカーに打診か 1

いったい、どうなることやら…。

米大統領選挙に勝利したドナルド・トランプ氏が以前口にしていた、「iPhoneへの輸入関税引き上げ案」。安価な中国での生産を止め、国内生産に切り替えて雇用を取り戻そうというこのアイデアなのですが…なんとNikkei Asian Reviewの報道によると、Apple(アップル)は実際に生産メーカーに米国内での生産を打診しているというのです。

今回米国内での生産を打診されたのは、台湾のFoxconnとPegatron。それぞれのメーカーは現在は中国などでiPhoneを生産していますが、Foxconnは実際に米国生産を検討しているそうです。一方、Pegatronはコストの観点から生産拠点の移動を拒否。なんでも、米国内での生産はコストを2倍以上に引き上げるんだとか。そりゃ、普通に考えたら厳しいですよね…。

ただしトランプ氏は大統領選の勝利後から徐々に穏健派路線に移行していることから、iPhoneに対する輸入関税や今回の生産拠点の移動が実際に起こるかどうかは不明です。一方、サプライチェーン筋はiPhone生産の一部が米国内に移動するのでは?とみています。

個人的には米国生産の高価なiPhoneよりも、中国生産の安価なiPhoneのほうが喜ばしいのですが…でも、アメリカにはアメリカなりの思惑があるのでしょう。「Assembled in United States」の高価なiPhoneが、将来登場するのでしょうか?

関連記事:
タッチ操作できなくなったiPhone 6 Plus、Appleの公式修理サービスで対応開始
Apple重役、Macにタッチスクリーンが搭載されない理由は「iMac」が原因と語る
Apple最新作は、20年のデザイン史が詰まった写真集でした『Designed by Apple in California』

image by Tim Cook - Twitter
source: Nikkei Asian Review via 9to5Mac

(塚本直樹)