リマスター版「バットマン:リターン・トゥ・アーカム」のグラフィックが凄い!

リマスター版「バットマン:リターン・トゥ・アーカム」のグラフィックが凄い! 1

アメコミ原作ゲームの名作がPS4に帰ってくる!

説明不要の超人気ヒーローを主人公にしたゲーム「バットマン:アーカム」シリーズの初期2作「バットマン:アーカム・アサイラム」と「バットマン:アーカム・シティ」のリマスター版である「バットマン:リターン・トゥ・アーカム」が海外でPS4/Xbox One向けに発売されました。

今回はDigitalFoundryによるリマスター版とオリジナル版のグラフィックを比較する動画を紹介します。

こちらはDigitalFoundryがアップロードした動画。

比較に使われているのはPC(オリジナル版・最高画質設定)PS4(リマスター版)。オリジナル版はゲームエンジン「Unreal Engine3」が使われていましたが、今回のリマスター版は「Unreal Engine4」が使われています。

最も大きく変わっているのは、キャラクターのテクスチャーやモデルなどのディティール部分でしょう。このゲームにはレザー・スーツを着たキャラクターがたくさん登場しますが、それらは一層本物っぽくなり、小さなキズや擦れまで描画されています。

またキャラクターの肌のテクスチャーもかなり細密になっており、細かな皺やシミ、ヒゲの剃り残しなどが追加されています。背景のテクスチャーや爆破のパーティクルなども変わっており、グラフィックの進化が感じられます。

しかしながら、ライティングが少しおかしくなっているところや、むしろ前のほうがかっこよく見えたところなどもあり、すべてのグラフィックが向上したとは言い切れない模様。こういう不具合はいずれパッチなどで改善されるかも?

とはいえ、名作「バットマン:アーカム・アサイラム」と「バットマン:アーカム・シティ」がPS4で楽しめるというのが最も嬉しいポイントですよね。

最後にワーナー ブラザース ジャパンによる、「バットマン:リターン・トゥ・アーカム」の公式予告動画をどうぞ。

バットマン:リターン・トゥ・アーカム」は日本ではPS4向け2017年2月23日発売予定。バットマンになりきれる再現性だけでなく、アクションゲームとしても最高なので、未プレイの人はこの機会に是非とも遊んでみて!

関連記事:
明るく楽しいバットマン! 1960年代実写版「バットマン」がアニメ化
新しいバットマン映画に登場? 有名ヴィラン「デスストローク」の映像公開
「PlayStation VR」ハンズオン。過渡期だが、だからこそ体験すべき

© 2016 Warner Bros. Entertainment Inc. Developed by Rocksteady Studios. Remastered by Virtuos.

image by YouTube
source: YouTube 1, 2, 「バットマン:リターン・トゥ・アーカム」公式サイト

傭兵ペンギン