『バイオハザード7』のコレクターズ・エディションは屋敷つき!?

『バイオハザード7』のコレクターズ・エディションは屋敷つき!? 1

ゲームを買うと一戸建ても手に入ります。

ランタンを持つ老婆から逃れようとしたり、ベイカー一家とグロすぎる食事をともにしたりする、PlayStation VRにも対応の人気サバイバルホラーゲームシリーズの最新作『バイオハザード7 レジデント イービル』

2017年1月26日(海外は1月24日)の発売に向け、本作の舞台となるあの象徴的な屋敷がオマケでついてくるコレクターズ・エディションが登場します。

バイオハザード7 レジデント イービル コレクターズ・エディション

「レジデント」だから住居なのでしょうか?

Polygonによると、このベイカー家の屋敷は高さ8インチ(約20センチ)で、公式トレイラーでも流れた曲『Go Tell Aunt Rhody』がLEDのエフェクトともに流れる、ミュージック・ボックスになっているとのこと。

他にも、ゲーム内でマネキンの手と合体させられる人形の指が4GBのUSBスティックとして同梱。さらには、劇中のキーアイテムであるVHSテープ型の箱、金属ケースの、ベイカー一家が写ったリトグラフと不気味な書き置きが、いかにもベイカー家といった雰囲気にデザインされた巨大ボックスに収められるようです。

気になるお値段は179.99ドルで、GameStopでの限定販売(PlayStation 4Xbox One)となっています。

皆さんなら、このお屋敷をどこに飾るでしょうか?

©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

source: GameStop1, 2 via Polygon, バイオハザード7 レジデント イービル 公式サイト

岡本玄介