禁断の治療に? 若者の血液が老化ストップに効くかも!

禁断の治療に? 若者の血液が老化ストップに効くかも! 1

まるでドラキュラ伝説みたいだけど…。

「いつまでも若さを保つため、夜ごと若い女性の血を求める」そんなホラー映画の世界のフィクションでしかなかった話も、実は本当だったのかもしれないとの衝撃の発見が、科学の世界では相次いでいるそうですよ。

ネタ元のNew Scientistによると、事の発端はもう何十年も前に実施された、若いマウスと年老いたマウスの側腹部をつなぐ「並体結合」なる実験にまでさかのぼります。この手法で、双方のマウスの間で血液を循環させたところ、年老いたマウスには各種の若返り効果が認められることが、繰り返し実施された同種の実験からも確認されてきたんだとか。ところが、並体結合には大きな弊害もあり、なんと若いマウスには急速な老化現象が見られるようになってしまったとのことですね。

このほどAlkahestで、認知症の治療法開発に挑むミナミ・サクラさんの率いる研究チームは、18歳の人間の血液を用いて、年老いたマウスへの実験を敢行。全血を用いるのではなく、血液から赤血球などの細胞成分を除いた液体部分である血漿のみを、週2回のペースでマウスに注入。3週間後、どのような効果が表われたのかをテストしています。

実験に用いられたのは生後12カ月のマウスで、これは人間でいうならば、さまざまな老化現象がスタートする50歳に相当するみたいですよ。実際、この段階でマウスは活発に動き回らなくなり、記憶力も衰えを見せるようです。ところが、若い人間の血漿を注入されると、まるで生後3カ月のマウスに近い運動能力を回復し、記憶能力のめざましい向上が確認されました!

これはある程度、予想されていた結果でもある。若者の血液には、若さを保つうえで重要な役割を果たすなにかが含まれているはずだからだ。

米国カリフォルニア州サンディエゴで開催された北米神経科学学会の年次総会において、この報告を聞いたボストン大学のVictoria Bolotinaさんは、こんなふうにコメントしました。同研究報告によると、人間の若者の血漿を注入されたマウスの脳内の海馬には、ニューロンの新生が数多く観察され、血漿が認知能力を高めた可能性が指摘されていますね。

なお、いまだ研究は初期段階にあり、若い人間の血液中の、具体的にどの成分が若返り効果をもたらしているかに関して、さらなる研究を進める必要があるとされています。とはいえ、同様の手法をアルツハイマー患者の治療に役立てることを視野に入れ、すでにAlkahestでは取り組みが開始されているそうですよ。これまでにない革新的な治療法が確立されていったりするのかもしれませんよね〜。

関連記事:
血液中からHIVウイルスを完全除去! HIV治療に新たな兆しがみえてきた
糖尿病患者に朗報か。自動的にインスリンを注入してくれるデバイス

image by Malota / Shutterstock.com
source: New Scientist, Society for Neuroscience

(湯木進悟)