音楽を聞いても快感を得ることができない理由は「脳」にあった

音楽を聞いても快感を得ることができない理由は「脳」にあった 1

音楽好きにはイメージしづらいかもしれませんが、音楽によってどれくらい心地よさを感じるかには個人差があり、どんな音楽からも快感を得られない人はこの世界に3〜5%ほど存在するといわれています。これまでの研究では、そうした違いの要因は人に快感を与える役割を担う報酬系と、音を知覚する聴覚野の2つが関係していると考えられてきました。

今回バルセロナ大学とマギル大学の研究チームは、fMRI(ニューロイメージング)を使って脳の報酬系の動きを観察することで、音楽によって快感を得る仕組みをより具体的にあきらかにしようと試みました。

研究では、45人の参加者を音楽に快感を得る度合いによって3つのグループにわけ、「音楽を聞いたときの脳の動き」と、同じ報酬系を刺激する「ギャンブルをしているときの脳の動き」を観察しました。ちなみに、参加者が聞いた音楽は、参加者自身が「心地よいと感じる」を基準に持ちよった曲、さらに足りない分はSpotifyを使って類似するものを選んだのだそう。

すると、「音楽に快感を得ない」グループでは、脳の報酬系の側坐核という部位における血流量が少なくなっていることが明らかに。さらに、ギャンブルをしているときの血流量についてはグループによる違いはほとんどみられませんでした。

音楽を聞いても快感を得ることができない理由は「脳」にあった 2

(音楽によって快感を得ることと脳の仕組みの関連 image by IDIBELL)

また、「音楽に快感を得ない」グループは聴覚野と側坐核をふくむ部位の機能的な繋がりが弱くなっているのに対し、「音楽に強く感動する」グループはその繋がりが強くなっていました。上の図では、音楽によって快感を得ないグループ(Anhedonic subjects)の、側坐核(NAcc)の動き、機能的な繋がりの強さが赤い棒で示されています。

研究チームを率いたNoelica Martinez-Molinさんは、このように具体的な脳の作用を明らかにしていくことは、音楽によって心地よさを得ることが人間の進化においてどう重要であったかを理解することにも繋がるのではと述べています。

関連記事:
脳の命令をワイヤレスで脚に送るデバイスによって、下半身不随のサルが再び歩行可能に!
起きたら100年後、が現実に? 理研が「休眠」と「冬眠」の共通点を発見

image by IDIBELL-BELLVITGE BIOMEDICAL RESEARCH INSTITUTE
source:PNAS, Eureka Alert, Ars Technica, Daily Mail, Medical Daily

(Haruka Mukai)