VR空間で自由にパシャパシャ! キヤノンが一眼カメラとレンズのVRシミュレーターを開発

キヤノンが一眼カメラとレンズのVRシミュレーターを開発

おお、こうなるのかぁ〜。

カメラに興味を持った後、まず立ちはだかる壁が「専門用語」。シャッタースピード? 被写界深度? 露出? ISO? もうわけわかんないよ…。そんな迷える子羊にも役立ちそうな、キヤノンによるデジタル一眼カメラとレンズを試せるVRシミュレーター「VR CAMERA SIMULATORが登場しましたよ!

このシミュレーターで使うのはカメラ機材でなく、VRヘッドセット。装着者の目の前には5D Mark IIIや1D X、70Dなどキヤノンの一眼カメラが現れ、それぞれのスペックや価格が表示されます。またレンズも単焦点から標準レンズ、望遠レンズなどを選ぶことができます。

Canon VR CAMERA SIMULATOR 1

そしてカメラとレンズを選択すると…おお、レンズ越しの風景のフィールドが表示されました! この画面ではシャッタースピードや絞り、ISOを自由に変更することが可能で、その設定で撮影するとどうなるかをVR上で体感できるのです。このシミュレーターでカメラの機能を試していけば、ISO感度をあげればこうなる、シャッタースピードを速くするとこうなる、とすぐにシミュレートしてくれるのでカメラの勉強にもいいかもしれませんね!

もちろんVRですから、撮影対象は頭を動かせば自由に選択可能。近くの木を撮影したり、遠くの風景を撮影したり…と、好きなようにカメラ撮影を試すことができます。ピントがぐぐっと合う様子なんて、まさに本物のカメラみたいです。

対応するプラットフォームは「Oculus Rift」。ソフトウェアはOculusのウェブサイトからダウンロード可能です。完全に機材のレンタルと同じことができるとはいえませんが、今後対応カメラやレンズが追加されればなかなか楽しみなシミュレーターになりそうですよ!

キヤノンのデジタルカメラ:
キヤノンからとうとう出る、やっと出る。進化にもほどがある「EOS 5D Mark IV」発表
キヤノン「EOS M5」ハンズオン! タッチ&ドラッグAFの衝撃。デジタル一眼レフとの距離を大幅に縮めた

source: キヤノン via Digital Trends

(塚本直樹)