幅182cm!おしゃれなLEDシャンデリアは、プラスチック製で組み立て式

幅180cm! おしゃれなLEDシャンデリアは、プラスチック製で組み立て式

「え、うちの電気? シャンデリアだけど」

...なんて自宅の電気について会話する機会が実際にあるかどうかはさておき。家にシャンデリアがあるなんて言ったら、それはそれはクラシックで豪華なお住まいなのでしょうと、誰もが想像してしまいそうです。

ところがこのシャンデリア(もどき)は、どちらかといえばクラブやおしゃれなカフェ、家ならモダンなインテリアにマッチしそうなシンプルな見た目...。そのほかにはどんな特徴があるのでしょうか?

David Andoraさんによってデザインされたシャンデリア「Grandelier」は、ポリ塩化ビニル素材で軽量、さらにそのサイズは約182cm幅という圧倒的な存在感。

取り付けるために天井に新しい穴を開ける必要はないけれど、簡単な組み立て作業はあります。IKEAで買った家具のように小さな箱に入って届くのですが、「Grandelier」のシャンデリアの場合はネジやドライバは不要ジップタイさえあれば、あとは部品をうまくまとめるだけです。

そんなシャンデリア(もどき)の気になるお値段は429ドル(約4万6000円)。ブラックはなぜか50ドル増しで479ドル(約5万2000円)也。...正直、部屋の電気にしてはそこまでお手頃ではないかもしれませんね。

幅182cm!おしゃれなLEDシャンデリアは、プラスチック製で組み立て式2

ただ、部屋を明るく照らしてくれるのは蓄電池式のLEDキャンドル12本。火事のリスクがある本物のキャンドルや、コードが必要な白熱電球ではありません。このキャンドルの寿命は約700時間ということなので、LEDが切れる頃には新しいデザインの電気が気になり始めたりして。

一生ものになるかはわかりませんが、インドアで過ごす人生の一部をいつもよりちょっと眩しく照らしてくれそうです。

おしゃれでハイテクな部屋にするアイテム:
リビングで火を囲もう。新しい形の暖炉「ルーヴル・ファイヤープレイス」
人感センサーがついたスマート照明「Phillips Hue」
スマートフォンで窓の開閉を一括確認。開閉チェックセンサー「leafee mag」

image by The Awesomer
source: Grandelier via The Awesomer

Andrew Liszewski - Gizmodo US [原文
(Rina Fukazu)