チェルノブイリ原発を覆う巨大な「新シェルター」が完成

チェルノブイリ原発を覆う巨大な「新シェルター」が完成

大きさに圧倒されます。

チェルノブイリ原発事故からはや30年。事故当時は慌ててその原子炉をコンクリートで封じ込めたものの、いずれ本格的な現場の保護処理が必要とされていました。そして今回、そのために建造されていた巨大な新シェルターが完成したことが報じられています。

この3万1000トンにも達する鋼鉄製の巨大なシェルターは、チェルノブイリ原発の4号炉をすっぽり覆うように設計されています。またその設置方法もこのシェルターをスルスルっとスライドさせるという、すこしユニークなもの。移動は数日かけて行なわれます。

新たなシェルターの耐用年数は100年。長いようで、意外と短いですね。次の100年の間に我々人類は放射線を安全に操る術を見つけ、さらにチェルノブイリ原発の廃炉を無事に進めることはできるのでしょうか。

関連記事:
チェルノブイリで発見された放射線を好む菌、国際宇宙ステーションへ
超巨大ピタゴラ迷路が、時間を忘れるくらい面白い

image: rferl.org
source: rferl.org

(塚本直樹)