いろいろな愛がつまった映画のハグシーンを集めた『Cinematic Hugs』

いろいろな愛がつまった映画のハグシーンを集めた『Cinematic Hugs』 1

溢れる感情を受け止めてもらえる幸せ。

誰かを抱きしめる行為は、愛情や友情と共に気持ちを共有する力を持っています。ときに言葉を交わすより、多くの想いを伝えることができるハグは、様々な映画に重要なシーンとして登場します。

そんな数々の抱擁シーン1本の動画にまとめたのは、スペインのビデオエディターJose Ricoさん。抱き合う際の動作やふたりの表情から多くの情報を感じ取ることができます。

こちらの動画は、Joseさんによる『Cinematic Hugs』。

日本ではスキンシップをとる機会が少ないので忘れそうになりますが、抱擁が大切なコミュニケーション手段のひとつであることを感じさせられる映像でした。

以下は登場した映画のリストです。

『ルーム』(2015)
『ブラザーズ・ブルーム』(2008)
『ムーンライズ・キングダム』(2012)
『ハンガー・ゲーム』(2012)
『彼女はパートタイムトラベラー』(2012)
『ピッチ・パーフェクト』(2012)
『Much Ado About Nothing』(2012)
『LOOPER/ルーパー』(2012)
『インターステラー』(2014)
『インサイド・ヘッド』(2015)
『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001)
『はじまりのうた』(2013)
『アンナ・カレーニナ』(2012)
『ジュラシック・パーク』(1993)
『クリムゾン・ピーク』(2015)
『ダークナイト』(2008)
『ヴェロニカ・マーズ [ザ・ムービー]』(2014)
『ズートピア』(2015)
『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005)
『SUPER8/スーパーエイト』(2011)
『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』(2003)
『ヘルボーイ』(2004)
『スパイダーマン』(2002)
『リロ・アンド・スティッチ』(2002)
『XーMEN2』(20003)
『ジュマンジ』(1995)
『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981)
『ブルックリン』(2015)
『アイ・オリジンズ』(2014)
『アイアンマン3』(2013)
『キングスマン』(2014)
『ターミネーター:新起動/ジェニシス』(2015)
『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』(2013)
『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)
『PAN〜ネバーランド、夢のはじまり〜』(2015)
『プレステージ』(2006)
『グランド・ブダペスト・ホテル』(2014)
『アナザー プラネット』(2011)
『アントマン』(2015)
『オデッセイ』(2015)
『エンジェル ウォーズ』(2011)
『高慢と偏見』(2005)
『ぼくとアールと彼女のさよなら』(2015)
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)
『インセプション』(2011)
『BRICK ブリック』(2005)
『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』(2008)
『世界にひとつのプレイブック』(2012)
『マイティ・ソー』(2011)
『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』(2015)
『セレステ∞ジェシー』(2012)
『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』(2010)
『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』(2004)
『トロン:レガシー』(2010)
『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』(2006)
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)
『ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間』(2001)
『キャビン』(2012)
『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(2011)
『マン・オブ・スティール』(2013)
『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』(2007)
『ハンナ』(2011)
『パシフィック・リム』(2013)
『スター・トレック』(2009)
『キル・ビル Vol.2』(2004)
『トロン』(1982)
『コードネーム U.N.C.L.E.』(2015)

image by vimeo
source: vimeo, Facebook

勝山ケイ素