「腕時計を見ればその人がわかる」は本当なのか?

Sponsored

「腕時計を見ればその人がわかる」は本当なのか?

ただ腕時計をしていればいいわけではないらしい。

昔から、「腕時計を見ればその人がわかる」と言われています。

オーソドックスなアナログ時計、スポーティなデジタル時計、最近は多機能なスマートウォッチをしている方も多いことでしょう。「時間はスマホで確認できるから、腕時計はしないよ」という人もいるかもしれません。

「腕時計を見ればその人がわかる」は本当なのか?1

例えば、アナログ時計と一口にいっても、デザインによってその印象はガラッと変わってきます。例えば、シチズンの「エコ・ドライブGPS衛星電波時計」には、「ATTESA(アテッサ)」、「PROMASTER(プロマスター)」、「EXCEED(エクシード)」の3つのブランドがあります。時刻合わせ不要のGPS衛星電波受信機能、そして電池交換不要のエコドライブ搭載という共通点がありながらも、その表情はガラッと変わります。

このような時計をしている人を見たら、どう思うでしょう?

「腕時計は、高い・安いではなく、一貫性があるかが重要」

「腕時計を見ればその人がわかる」は本当なのか?2

では、「人を見るプロ」はどんな風に腕時計を見ているのでしょうか。

そんな疑問を解決するために、これまでにさまざまな年齢層、職種の方と接してきた経験を持つ、ヘッドハンターの世古暁さんにお話を伺いました。世古さんは、若手ビジネスパーソンをターゲットとするキャリアコンサルティング、クラウドヘッドハンターズ株式会社の代表。数多くの人と接する世古さんから見て、「腕時計」とはどんなアイテムなのでしょうか?

──「腕時計を見ればその人がわかる」という話は本当だとおもいますか?

それに対する返事でいうとマルだとおもいます。時計や靴は細かい部分なので、そこをキッチリしている人は「細かいところに気を配れるのかな」という判断基準のひとつになります。

──世古さんは、面談をされるときに相手の腕時計を見られますか?

もちろんです。限られた時間の中でできるだけ相手のことを理解するために、話の内容や雰囲気、服装や振る舞いなどのすべての情報を材料として判断させていただきます。腕時計もその要素のひとつです。

いい時計をしているからよい、安い時計をしているからダメということはありません。“一体感”が重要だと思っています。サーファーのような格好をしている方が、防水性能のない高級腕時計をしていたら「おやっ」と思いますし、高級なスーツに身を包んだ方がごく普通の腕時計をしていると、「細かいところは気にしないのかな」といった感じで見ています。

「腕時計を見ればその人がわかる」は本当なのか?3

──いい時計をしているか、よりも、自分に合っているものを着けていることが大事だと。

私がお会いする場合は、その方のキャリアを伺うことが目的です。キャリアというのはひとつのストーリーです。子供の頃の経験が、学生時代の活動に影響を与え、その結果いまの会社に入社した。そこでの経験をいかして、次はこういうことをやってみたい、というように、何かしらのストーリーがあるわけです。それが一貫性に乏しい場合、企業へ紹介することを躊躇してしまいます。その方の一貫性を表すものとして、服装や腕時計は重要だと考えています。

──アナログ時計とデジタル時計、またスマートウォッチなど時計の種類による人柄の違いなどは感じますか?

ガジェット好きな方、IT関連の方、数字が好きな方はデジタル時計やスマートウォッチをしていることが多いですね。デジタル時計は若い方に多いのではないでしょうか。ある程度年配の方、もしくは社会的地位のある方は、アナログ時計をしている方が大半です。

ビジネスマンの方はスーツを着ていることがほとんど。そうなると必然的にオーソドックスなデザインのアナログ時計との相性がよくなる。そのような選択をしている人は、トータルなコーディネートが考えられる方なんだなという印象にはなりますね。スーツに気を配る方は結構いらっしゃいますが、腕時計を始めとしたアクセサリー類にまで気を配っている方を見ると、キャリアにおいても責任をもって選ばれる方なのではないかと想像がつきます。

「腕時計を見ればその人がわかる」は本当なのか?4

──電波時計やGPS機能といった、正確な時間がわかる腕時計をしている方への印象はありますか?

時間に対してきちんとしている人だろうなと思いますよね。それは自分に対してだけではなく、他人に対してもそうなのかなという印象をもちますね。

──他人から見えている部分ですので、そこを意識しているかは重要かもしれませんね。

時間がわかればいいだけならば、数百円の時計でもいいわけです。しかし、そこには「選んで買う」という行為があります。そのときに何を基準に選んでいるのかということが、その方の人生を象徴していると言えますね。

---

なるほど。人を見るプロから見ても、腕時計は重要なアイテムであることがわかりました。

ただし、ただ高い時計をしていればいいわけではないようです。自分がどんな服を着ているのか、どんな場所に行くのか、誰に会うのか、いわゆるTPOに合わせて腕時計を変える行為そのものが、自分を表すことになるのです。

多彩なラインアップからTPOに合わせた一品をチョイスする

シチズンのエコ・ドライブGPS衛星電波時計には、あわせて3つのブランドが用意されています。「ATTESA」「PROMASTER」「EXCEED」と3種3様の特徴があり、TPOに合わせて腕時計を選ぶことができます。

3種の共通点である、GPS衛星電波受信機能は、世界最速※の最短3秒受信。針が動くスピードも速く、時刻と位置情報を修正する場合でも30秒しかかかりません。GPS衛星からの位置情報と時刻情報を取得し、時刻やカレンダーを自動で修正。いつでも正しい時間を確認することができるのです。

エコ・ドライブは、太陽光や室内の光、部屋の蛍光灯やデスクライトのような小さな明かりで発電する技術です。余った電力は本体内の二次電池に蓄えられるため、定期的な電池交換は不要です。しかも、フル充電しておけば、暗闇でも半年以上動き続けます。

※光発電GPS衛星電波時計として。2016年9月現在、シチズン時計調べ

ビジネスなら味のあるデザインの「ATTESA」

「腕時計を見ればその人がわかる」は本当なのか?5

ビジネスシーンでは、ATTESAがオススメ。「ATTESA F900」は、GPS衛星電波時計としては極めて薄い13.1mm。1日中着けていても気にならないスリムさです。ベゼル部分はダイヤモンドに準じた硬さを持つ「デュラテクトDLC(Diamond Like Carbon)」を採用。傷がつきにくく、黒の鮮やかさが引き立ちます。

40のタイムゾーンに対応しており、海外への出張が多いビジネスマンにも最適。2つの都市をそれぞれ単独で簡単に時刻設定ができるデュアルタイム機能も搭載されています。2つの時刻は、2時と4時のボタンを同時にワンプッシュすることで瞬時に入れ替え可能。

オーソドックスなクロノグラフのデザインにシックなカラーリング。ビジネスシーンだけでなく、カジュアルな服装のオフタイムでも使える一台。日本で海外で、ワールドワイドに活躍するビジネスマンのよき相棒となることでしょう。

スポーツやアウトドアのお供に「PROMASTER」

「腕時計を見ればその人がわかる」は本当なのか?6

スポーツやアウトドアといった、ハードな状況で使うのならば、PROMASTERが適しています。

PROMASTER F900」は、ガス硬化技術(MRK)により表面を硬質化したチタン素材に、DLCをコーティング。これにより、傷がつきにくくなっています。

また、回転ベゼル部分は飛行距離などが計算できる「航空計算尺」を搭載。見た目の美しさに加え、パイロットウォッチとしての機能美も備えています。

20気圧防水となっているため、アウトドアユースにおいても気兼ねなく使えます。

40タイムゾーン対応で、2つの都市の時刻表示はもちろん、簡単に切り替えることも可能。アウトドアだけでなく、ビジネスシーンにおいても使える一台です。汎用性の高さを重視するなら、PROMASTERシリーズがオススメです。

パーティなどのフォーマルな場所ならEXCEED

「腕時計を見ればその人がわかる」は本当なのか?7

パーティやおしゃれなレストランなどでの食事では、普段とは違うエレガントな装いになることも。そんなときは、ドレッシーなEXCEEDです。GPS衛星電波時計のゴツいイメージを排し、白とピンクゴールドにまとわれたエレガントなデザインが特徴です。

EXCEED F150」は、ワールドタイム機能を持ちながらも、おしゃれなデザインを採用。大人の雰囲気で、フォーマルな装いにぴったりです。

もちろんエコ・ドライブなので、定期的な電池交換は不要。太陽光や部屋の光だけでいつでも正確な時間を刻んでくれます。

「腕時計でその人がわかる」は間違いではない

「腕時計を見ればその人がわかる」は本当なのか?8

世古さんのお話にもありましたが、腕時計はその人の人生というストーリーを表現するアイテムのひとつ。なぜその時計を選んだのか、その時計のどんなところを重要視しているのか。それにより、身に着けている方の人柄を知る道標になります。

また、TPOにより腕時計を変えることによって、相手に与える印象も変わります。着ている服やシチュエーションによって時計を変えれば、それだけセルフプロデュースに長けているという印象を与えることにもなります。どんな腕時計を着けているかによって、印象が変わるということは確実にあるようです。時には、印象だけではなくその人の性格や生き方までもわかってしまうことも。

「腕時計を見ればその人がわかる」というのは、あながち間違いではなさそうです。もし、「もっと自分をこう見せたい」という想いがあるのなら、まずは腕時計選びから始めてみるのもいいかもしれません。腕時計を変えることで、人生が変わる可能性があるかもしれませんよ。

source: ATTESAPROMASTEREXCEEDCITIZEN

(三浦一紀)