(追記あり)「なまけてなどいない…!」 ナマケモノが本気を出す時

「なまけてなどいない…!」 ナマケモノが本気を出す時

キングオブ草食系が本気(肉食)になる…!

睡眠1日20時間、基礎代謝量が極めて低く激しい運動は自殺行為。そのため動くときは超ゆっくり、食事や睡眠は当たり前として、交尾や出産まで木にぶら下がって行う、ナマケモノ。

1日の消費カロリーは、なんと人が1回咳をする20分の1動かなすぎて毛に藻が生えるレベルの彼らですが、アレするためなら命もかける! 

今回はメスの声を聞きつけた雄のナマケモノが普段の姿からは想像できないほどガツガツしちゃう動画をピックアップ。草食系なんて言ってられない、ナマケモノのケモノな姿をとくとご覧あれ。

上はBBC Earthによってアップされたもの。

これは『Planet Earth II』の一場面。地上分速2メートル、木の上でも分速3メートル、捕食者に襲われてもろくすっぽ逃げられやしないナマケモノがこのスピード! 自分の毛に生えた藻を食べる普段のライフスタイルからは想像できない肉食っぷりです。

泳いでいる時の目を見てくださいよ。思春期の男子ばりに頭の中が真っピンクなのがバレバレです。見ているこっちが恥ずかしくなるよ…。 

このナマケモノの映像は、パナマの離れ小島 エスクード島で撮影されたもの。ナマケモノは大きく分類すると二種類あって、指の数が3本ならミユビナマケモノ科で泳ぎが得意、2本ならフタユビナマケモノ科で泳げません。今回の子は、特徴からいってミユビさんですね。

命の危険も顧みず必死にメスのもとに行ったのに、彼女はすでに子持ち。ガッカリなこのオスですがいつまでも肩を落とすわけにはいきません。この美しい島のどこかに、運命の相手がいるはずですから…。

追記(11月21日 19:15):
引用した元のソースに誤りがございました。訂正の上、お詫び申し上げます。本文は斜線にて該当部分を削除し、ソース元は修正をいたしました。

動物の関連記事
フグはフグの仲間から毒をチャージしている
ナマケモノ、実は省エネの大天才?
発見! でっっっっっっっかいミミズ(観覧注意)

source: YouTube via BBC Earth

Bryan Menegus -Sploid [原文]
中川真知子