ウ・ン・チから石油が作れてしまう新技術に脚光!

ウ・ン・チから石油が作れてしまう新技術に脚光!

トイレある限り石油は枯渇しない…?

どんなに忙しくとも、人は用を足さずして生きられません。そして、ボクらがトイレで垂れ流したものは、下水処理施設にて廃棄されるのがオチで、まさか糞便有効活用されるだなんて考えてもみないことですよね。

ところが、The Vergeによると、米エネルギー省のPacific Northwest National Laboratory(PNNL)は、いわゆる下水汚泥を石油へ精製可能な「Biocrude」(バイオ原油)に変える新技術について発表しました。同技術の根幹を成すのは、高圧と高温処理により下水汚泥をBiocrudeに変えていく「Hydrothermal Liquefaction」とよばれるプロセス。まずは汚水が華氏650度(摂氏約340度)まで熱せられ、自動車のタイヤで踏みつけるより100倍近い強さになる3000ポンド/平方インチ(約1,360kg/平方メートル)の力をかけて圧搾。すると、本来なら地中奥深くで何百万年もかけてできあがる石油と同じような仕組みながら、劇的に期間を短縮してBiocrudeが誕生するんだとか!

ちなみに糞便の有効活用は、さまざまな方面で研究が進んできました。すでに過去には、ウンチで走る車が披露されたり、メタンガスをウンチから発生させる技術などが発表されたりしましたけど、いずれも実用化にはほど遠いというのが現状のようです。

Hydrothermal Liquefactionによる新たな下水処理プロセスが大いに注目を集める理由は、排水から燃料を取り出そうという技術の大多数とちがい、乾燥させる工程が不要なため。つまりはトイレから流れてくる汚水をダイレクトに変換可能、とのことですよ~。

そしてこの技術は、早くもGenifuel Corporationライセンスを取得済み。2018年には、カナダのバンクーバーで、トイレから大量に流れてくる下水汚泥を一手に引き受けて次々とBiocrudeを生み出す施設を稼働させる計画まで発表されています。

Hydrothermal Liquefactionが注目されているもうひとつの理由は、入手に事欠かない下水汚泥が、高効率で石油へ変えられる点です。糞便に含まれる炭素の約60%が、Biocrudeへと変換されていくそうですよ。つまり、米国内の下水処理施設は毎日340億ガロン(約1280億リットル)にのぼる下水汚泥を処理しているのですが、このすべてが年間3000万バレル(約47億7千万リットル)もの石油を生み出せる貴重な資源と化す可能性を秘めているということです。ウンチからドッシドシと石油が出てくる時代が、間近に迫っているのかもしれませんね!

「こんな使い方も?」意外なモノが活用される関連記事:
MITが開発、ほうれん草で地雷を探知!?
完全に濡れない、寒くないウエットスーツ。開発のヒントは水辺の生き物
ジェットコースターで腎臓の石がスッと出る、という研究

source: PNNL via The Verge

Eve Peyser - Gizmodo US[原文
(湯木進悟)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE