映画「ドクター・ストレンジ」とVRペイント・ソフトの絶妙なコラボでできた360度動画

映画「ドクター・ストレンジ」とVRペイント・ソフトの絶妙なコラボでできた360度動画

その身をもって神秘の技を体験できる!

マーベル最強の魔術師の誕生と活躍を描く映画「ドクター・ストレンジ」。これまで予告編の映像美が凄まじくマジカルなだけでなく、レトロゲーム風に8ビットで再現されてもなおイリュージョン表現が秀逸なのはお伝えしてきた通り。

自分もあんな世界を体験してみたいと思った方は多くおられるかと思いますが、今回はVRで楽しめる360度動画でその仮想体験を、そしてそれらがVRペイント・ソフトで作られていく様子をご覧いただきたいと思います。

これら3本は、UploadVRが取り上げたMarvel Entertainmentの動画でした。幻想的なのはもちろんのこと、もしこんな世界で足を踏み外したらどうなっちゃうのだろう?とハラハラしてしまいますね。

これらの世界は、マーベルとGoogleのお絵描きソフト「Tilt Brush」が手を組み、ダニー・ビットマン、スチュアート・キャンベル、スティーヴ・ティープルという3人のアーティストに依頼してできました。

舞台は香港、ニューヨーク、ロンドン。映画を完璧に再現したものではなく、彼らなりのテイストで360度のVR動画を意識して描かれています。次の動画で実際に作られていく様子をチェックしてみてください。

かつては映画「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」や「アベンジャーズ:インフィニティー・ウォー」のアンソニー&ジョー・ルッソ両監督も、今後の作品に何らかの形でVRを使いたいと興味を示していたこともありました。

どういうものになるかまだ判りませんが、マーベルが公式にVR映像を作ることに大きく期待を寄せたいと思います。

関連記事:
ストレンジすぎる映画「ドクター・ストレンジ」のファンメイド予告編
映画「ドクター・ストレンジ」の魔法で格闘する戦闘シーンが公開
「ドクター・ストレンジ」を子供のお誕生日会に呼んだらどうなるか

Top image by UploadVR
source: YouTube 1, 2, 3, 4 via UploadVR1, 2

岡本玄介