ドローンの挑戦〜すべては、ひとつの電球を取り替えるため〜

ドローンの挑戦〜すべては、ひとつの電球を取り替えるため〜

最初からなんでもうまくできるわけじゃないんです。

ウィーンと音を鳴らしながら天井に近づく、白いドローン。すべては電球を取り替えるために...。

イスやハシゴのうえに立って手で取り替えてしまえば早いものを、この一連の作業をドローンに任せたのは、Marek Baczynskiさん。

はじめは、少しばかり手を加えたドローン、Eachineの「E30W」を使って1日がかりで電球の取り外しから交換に挑んだものの、最終的にSYMAの「X5C」に選手交代してからは10分で電球の取り替えに成功したといいます。

動画では、ドローンが電球を相手に飛んだり回ったり落ちたりする勇姿には「頑張れ、頑張れ」なんて子を見守る親のような感情が芽生えつつも、やっぱり電球を取り替えるのにドローンの手は借りないほうが効率良さそう...なんてこと考えさせてくれます。

バリエーション豊かなドローンの使い方:
アームが付いたら一気に生き物みたいに...ちょっとコワイけど実用性バッチリな作業ドローン
Googleの宅配ドローン「Project Wing」
農業×ドローン。農薬散布用にレンタル事業がはじまる

source: YouTube via Slorum

Andrew Liszewski - Gizmodo US [原文
(Rina Fukazu)