宇宙はいつか崩壊する? すべてを飲み込む「真空崩壊」とは

宇宙はいつか崩壊する? すべてを飲み込む「真空崩壊」とは

何もかも無に。

地球の終わり方にはいろいろパターン考えられていますが、地球どころか宇宙全体を存在ごと消し去ってしまうような、とんでもない現象がいつか起こるのかもしれません。YouTubeチャンネルKurzgesagtが公開しているこちらの動画が、宇宙が「真空崩壊」ってやつのせいで消滅する可能性を解説してくれてます。

この動画によると、あらゆる物質は不安定な状態から安定した状態に移行したがる性質があり、エネルギーを放出することでそれを実現しています。エネルギーを放出しきった状態を「真空状態」(「宇宙は真空」とかいうときの「真空」とは別の意味)といい、ほとんどの「場」(粒子を動かすルール)はこの状態にあります。

でも、「ヒッグス場」ではそうではなく、一見真空状態のようでじつは不安定な「偽の真空」である可能性があります。「偽の真空」とは動画のたとえでいうと、「ボールが小さな谷底にいるけれど、実はさらに低い谷底がある」ような状態で、ボールにはまだエネルギーが残っているんです。そこに「トンネル効果」のような突発的な現象が起こると、そのエネルギーが一気に放出されます。これを「真空崩壊」と呼びます。

真空崩壊がいったん起こると、それは光の速さで連鎖して広がっていき、宇宙全体を破壊してしまうらしいんです。そしてその後に現われる世界は我々の知る物理法則とはまったく違うルールに支配されていて、何がどう存在するのかまったく想像もつかないみたいです。

ただ、動画の中でも言われているように、これは理論上の話で、誰も真空崩壊を実際に見たわけじゃないし、本当に起こるのかどうかもわかりません。もしあったとして、地球にとって脅威となりうるのかどうかも不明です。それに万が一真空崩壊が起きたとしても、理論通りであればそれが進む速度は光速で、何百億光年もある宇宙の中では光速ってけっこう遅いです。そして、遅いなりにも何の前触れもなくやってくるので、対処のしようがありません

それでも科学者たちは、真空崩壊の可能性とかヒッグス場についてより深く知るべく、粒子加速器で実験を続けているんですね。

人類滅亡に関する記事:
人類滅亡後の地球では何が起こる? 3億年後までシミュレーションすると…
やっぱり人類は滅亡することがNASA出資の調査で判明。資源浪費と貧富二極化で
笑い飛ばせない……AIロボットが「人類を滅亡させる」と発言

source: Kurzgesagt

George Dvorsky - Gizmodo US[原文
(福田ミホ)