お料理で江戸を体験。国立情報学研究所が江戸ご飯レシピを公開

お料理で江戸を体験。国立情報学研究所が江戸ご飯レシピを公開

江戸の街、どこからともなく漂ってくるいい匂い。

食は文化です。いつの時代も人は美味しいものが好き、それを作ることができる人も好き。料理上手な人は、多くの人にコツやレシピを教え、ありがたがられるものです。現代も数百年前もそれは同じ。江戸時代にもお料理本というものがあったんですって。その江戸レシピを現代人にも公開しますというのが、 国立情報学研究所(NII)が行なうプロジェクトです。

NIIと国文学研究資料館(国文研)が共同で取り組んでいるのは、歴史的典籍のオープンデータ化。江戸クッキングブックだって、立派な歴史的典籍の1つです。11月中旬より「江戸料理レシピデータセット」として、典籍の画像が書誌データを公開してきましたが、問題が1つ。江戸の言葉、江戸の素材を、現代人が理解して料理するのは至難の業。普通の料理好きじゃ、まず無理です。

そこで、NIIと国文研がさらに取り組んだのが、江戸レシピを現代人にわかるように整備すること。クックパッドが運営する「クックパッド 江戸ご飯」にもレシピを公開して多くの人に知ってもらおうというわけ。現代を生きる普通の人でも、江戸の味を自分で作って楽しむことができるのです。

作ることで、味わうことで歴史を学ぶ。なんて楽しく文化的!

関連記事:
建築家ザハ・ハディド氏の切手に、あの幻の建物が…
江戸時代風味のスチームパンク腕時計

Top image: 『万宝料理秘密箱 卵百珍』(江戸料理レシピデータセット) by 人文学オープンデータ共同利用センター
source: 国立情報学研究所, クックパッド

(そうこ)