エナジードリンクの飲み過ぎは、肝炎などの健康被害の恐れにつながる

エナジードリンクの飲み過ぎは、肝炎などの健康被害の恐れにつながる 1

体を元気にするためにエナジードリンク飲み過ぎると、逆に具合が悪くなるという話。

欧米の50歳の建設作業員の男性が、1日4〜5本のエナジードリンクを3週間摂取し続けたところ、急性肝炎を発症しました。この類の症例は今回が初めてではなく、過剰なナイアシン摂取の危険性が改めて浮き彫りにされました。

英国の医学雑誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルに発表された新たな症例報告において、一般消費者は、人気が高い食物や飲料の成分に目を向け、栄養補助サプリの過剰摂取を避ける必要があることを強調。今回の急性肝炎は、この男がエナジードリンクに含まれるナイアシンとして知られる大量のビタミンB3の摂取によって引き起こされたと考えられています。

この建設作業員の男は、他の食生活は特に変えなかったのですが、毎日の仕事への活力を補うべくエナジードリンクを飲み始めました。その後まもなく、彼は異常な疲れと腹痛を覚えるようになり、吐き気や嘔吐の症状が出はじめたそうです。彼はインフルエンザかと思ったそうですが、尿は黒ずみ黄疸が出た時に彼は異常に気づき、救急科に駆け込み、今回の症例が明らかになりました。

臨床検査の結果、黄疸と右上腹部圧痛を確認、損傷および慢性C型肝炎を示す、高いレベルの量のトランスアミナーゼ肝臓酵素が認められました。つまり、彼が重症肝炎を持っていたことが明らかになったのです。

しかし、彼の1日のナイアシン摂取量は約160〜200mgだったとのことですが、これは毒性を引き起こすと予想されるレベルを下回っています。以前同様のケースが報告されましたが、その時は1日300mgのナイアシンを摂取していたそうです。医師によると、今回は毒性が蓄積されたのではという風にみているよう。彼が飲んでいたエナジードリンクの1本あたり40mgというナイアシンの量は、推奨される1日の摂取量の200%だったのです。

この患者がどのブランドのエナジードリンクを摂取していたかは不明ですが、日本でも販売されているMonsterやRedbullにはナイアシンが含まれています。

とはいっても、多くのエナジードリンクに含まれているナイアシンは、安全な量で摂取した場合は、コレステロール値の改善、心血管リスクの低減、お肌の健康にも役立ちます。また、頭痛にも効き、肝機能の向上も期待できます。ただし過剰に摂取してしまうと、吐き気、胃のむかつき、筋肉の破損、および異常な肝臓の損傷を引き起こす可能性がでてくるのです。

ビタミンB3は、酵母、肉、魚、牛乳、卵、ナッツ、緑の野菜、豆などの自然食品にも含まれます。

エナジードリンクの市場は急速に拡大し続けていますが、我々消費者はこれらに含まれる成分の潜在的なリスクに気をつける必要がありますね。

健康とサイエンス関連記事:
タバコを50本吸うごとに肺では1つのDNA変異が起きている
なぜ人の寿命は122歳までなのか
かぜ薬は、がん治療に効果あり。北海道大学の研究で判明

image by Shanti Hesse / Shutterstock
source:BMJ Case Reports

George Dvorsky - Gizmodo US[原文
(mayumine)