Facebookのガセ情報対策、保守派の批判を恐れて尻すぼみになっていた

Facebookのガセ情報対策、保守派の批判を恐れて尻すぼみに

Facebook八分」の反動で、放置プレイに転換か。

米国大統領選挙期間中、Facebookに大量のガセ記事が出回っていることが指摘され、ドナルド・トランプ当選の一因ではないかと批判する人たちもいます。同社のマーク・ザッカーバーグCEOは、選挙終了後すでに2回、この問題に公式に言及しています。

ザッカーバーグ氏は慎重に言葉を選びつつ、こう書いています。「Facebook上のすべてのコンテンツのうち、99%以上は本物です。ニセニュースやでっちあげは、非常に少ないのです。でっちあげはたしかに存在しますが、それは一党派の視点に限られたものではなく、また政治関係のものだけでもありません」

それでもFacebookを開けば、「ヒラリーのメール問題に関わったと見られるFBI捜査官が遺体で発見される、自殺に見せかけた殺人事件か」とか「ローマ法王フランシスコ、ドナルド・トランプを支持する声明発表」みたいなヘッドラインが目に飛び込みます。それらは「Denver Guardian」とか「Ending The Fed」みたいな、聞いたことないような名前のニュースサイトが発信しています。

問題は前々から認識

まるで野放しになっているかのようですが、前々からFacebook自身、この問題を認識していたことがわかりました。今年5月以降、米国最大のニュース配信者という役割にどうアプローチすべきか、Facebook上層部では議論が交わされていたようです。Facebookが虚偽の情報拡散を防止する義務があるかどうかも、論点のひとつになっていると言われています。

Facebookの意思決定について直接知っているふたりの情報源によると、同社幹部は、彼らが政治的に偏っていると見られるような要素を一掃すべく、サービスやポリシーの広範なレビューを行ないました。またその情報源のひとりによれば、偽ニュースやでっちあげを特定するためのアップデートも開発されていたのですが、それを使うと保守的ニュースサイトの表示順位が下がってしまったそうです。そのアップデートは棚上げされ、公開されないままになってしまったとのこと。このアップデートに、ボツになるほど大きな問題が他にもあったのかどうかは不明です。

「Facebookは間違いなく、偽ニュースをシャットダウンするツールを持っています」とその情報源は言います。彼は会社からの報復を恐れて、匿名を希望していますが、こうも言っています。「トレンディングトピックに関して保守派を怒らせてはいけないという懸念がかなりありました」「サービスに関する判断の多くは、そのせいで止められました」

米GizmodoからFacebookに対し、偽ニュースを特定できるアップデートを開発したのかどうか、そのようなアップデートが右翼的・保守的サイトに偏った影響を与えると考えられたのかについて直接メール取材してみました。でもFacebookは質問にストレートには答えず、こう回答しました。

私たちはいかなる政党に関しても、それにニュースフィードが与えうる影響にもとづいて、ニュースフィードの変更を開発したり、それを差し止めたりはしていません。我々はつねにニュースフィードをより有意義かつ有益なものにすべく努力しており、そこには、クリックベイト(編注:釣り)やスパム、でっちあげのような、シェアされるアイテムの質や正確性の精査も含みます。マーク自身もこう言っています。「私たちのチームが、私たちの製品の誠実さを確実に維持できるよう、できることをすべてしたい」と。そこには、アップデートを継続的に見直し、無意識のバイアスを決して提示しないようにすることも含まれます。

トレンディングトピック事件のダメージ

New York Timesによれば、Facebookの現社員は「トレンディングトピック事件が、客観的だというイメージを損ねうるアップデートの意志をくじいてしまった」と言っています。「トレンディングトピック事件」とは今年5月、Facebookの元社員が「保守系のトピックがFacebookのトレンド記事から人手で排除されている」と告発したです。米Gizmodoが取材した相手もそのような考えを繰り返していました。ある人は、トレンディングトピック事件以降のFacebookには「恐怖の社内カルチャー」があるとも語っています。

今年5月の告発のときは、Facebookのトレンディングトピックは人間の「キュレーター」の感情的判断で動かされている、と言われていました。Facebookはこの情報を否定しましたが、その後トレンディングニュースチーム全体を解雇してしまいました。でもその結果、偽ニュースやでっちあげがFacebook上でトレンディングしてしまう事態に陥りました。トレンディングしたのはたとえば、「Fox News(訳注:保守系ニュース局)、ヒラリーを支持する隠れリベラルのメーガン・ケリー記者を解雇」といった記事でした。

トレンディングトピック事件以降、Facebookは反保守的なイメージを払拭すべく必死でした。5月にはザッカーバーグCEOが保守派の要人を何人かFacebookのキャンパスに招待し、その後も「保守派のリーダーやあらゆる政治的立場の人たちを招き、この問題について自分と話し、彼らの視点を共有してもらう」と言っていました。Facebookのグローバル公共政策担当のバイスプレジデント、Joel Kaplan氏は、Facebookは「保守派を含めあらゆる声にとってのホームだ」と強調しています

「仕切り直しがたくさんありました」と情報源は言っています。「Facebookがメディアにおける役割が試されていると感じたのは、これが初めてだと思います」

Facebookはダメージコントロールに躍起になる一方で、ニュースフィードのアップデートも続けました。ニュースフィードでは、どの記事を上位表示するかを決めるために、数千もの要素が計算されています。今年6月には、友だちや家族からの投稿を優先し、スパムの順位を下げるようなアップデートがありました。でもある情報源によれば、偽ニュースの順位を下げるようなアップデートもあったのですが、結局公開されずに終わったんです。

まったく無策だったわけじゃない、でも…

Facebookはもっと前から偽ニュース対策を打ってはいました。2015年1月のアップデートでは、でっちあげ記事を見たユーザーがそれを報告できるようなツールリリースし、これででっちあげを減らせると言っていました。彼らはこうも言っています

我々のコミュニティの強さは、本物のコミュニケーションに依拠しています。私たちが受け取ったフィードバックからわかるのは、真実の記事こそ一番反響が大きいということです。だから我々は、どのような記事やポストがユーザーにとって本物に見えるのかを理解し、そんな記事をニュースフィードに増やせるようにしたいと考えています。我々はまた、どのような記事がミスリーディングで、扇情的で、スパムだと思われるかも理解し、そんな記事の表示も減らしたいのです。

でもこうしたアップデートの成果は、出た風でもあり、出ていない風でもあります。今年始め、BuzzFeedがFacebook上のニセ記事数千件を調査したところ、ニセ記事への平均エンゲージメント(いいね!、シェア、コメントの合計数)は2015年1月から12月にかけて半分以下に減っていました。が、その後V字回復し、2016年2月には2015年12月の約3倍になってしまいました(Facebookの広報担当者はBuzzFeedに対し、「我々はでたらめサイトやポストの共有が減少したことを確認しました」とコメントしていましたが、具体的な数字は教えてくれなかったそうです)。

そして今年秋、マケドニアの若者が偽の保守系ニュースサイトを大量に運営していることがBuzzFeedの調査で発覚しました。 TrumpVision365.com, USConservativeToday.com, and USADailyPolitics.comみたいな、トランプ支持者ホイホイが無数にできていたんです。

「私たちはすべてを読んだり、チェックしたりはできません」。今年8月、Facebookのニュースフィード責任者、Adam Mosseri氏はTechCrunchのインタビューにこう答えていました。「なので私たちは、ユーザーがニセニュースを報告できるようにしました。私たちはユーザーからのコンテンツについての報告を頼りにしています」

選挙後にFacebookの元プロダクトデザイナー・Bobby Goodlatte氏は、Facebookが「きわめて偏った、事実に無頓着なメディア」の存在感を高めたことを批判しています。そして、彼らが選挙までの間に偽ニュースの拡散を抑えるような強力な策を打たなかったことを批難しています。「真実に向けたバイアスは、ニュースフィードにとって不可能なゴールではない」と彼は書いています。「ニュースフィードででたらめを奨励すると、民主主義が損なわれることが今明らかになった」と。

関連記事:
Facebook、マーク・ザッカーバーグCEOを「追悼」。その他200万人ものユーザーを死亡させる
ドナルド・トランプ勝利はFacebookのせい? 米メディアが猛攻撃

image by dennizn / Shutterstock.com
source: Facebook(1, 2, 3, 4), New York Times, BuzzFeed(1, 2), TechCrunch

Michael Nunez - Gizmodo US[原文
(福田ミホ)