一生のうちテレビの番組表にかける時間はどれくらい?

一生のうちテレビの番組表にかける時間はどれくらい? 1

番組一覧のチェックの仕方は、人によってさまざま。

日課のようにただ黙々とスクロールする人もいれば、ショッピングで掘り出し物を探すときのようにワクワクする人、さらには最近のメディアや番組の傾向について分析しながら仕分けするようにテレビの番組表を見るなんて人もいるのでは?

Ericcsonの新たな研究によると、テレビの番組表を閲覧するのに費やす時間が増加しているという現代人の傾向が明らかになりました。

スマートフォンなどモバイル端末での視聴は週あたり4時間増えた一方で、置き型テレビでの視聴は2.5時間減ったそうです。

今回の調査は、1万3000以上のAndroid端末の利用データや、世界中で3万人を対象にしたオンラインインタビューによって、NetflixやHuluを含む7つの主要な動画配信プラットフォームで視聴番組を調べるのに、人々がどれほどの時間を費やしているか調べられました。

一生のうちテレビの番組表にかける時間はどれくらい? 2

ネタ元のQuartzによると「(番組表にかける時間は)一般的にテレビ視聴に費やされる1日平均129分のうちの約15%」で、80年の人生(米国やその他先進諸国の大まかな平均寿命)で示すと、約1.3年分(474.5日)に相当するといいます。

一生のうちに合計約1年以上もの時間を番組表に費やすとは...。ちなみに同じ合計時間という切り口で、日常的なアクティビティーと比較すると次の通り。Newsweekによると、米国では1年に計42時間渋滞に巻き込まれているそう。さらに、マサチューセッツ大学の研究やWebMDのレポートから、大きな用を足すためにトイレに籠る時間は人生のうち約240日、歯磨きを推奨されている時間(1回2分)かけると81日分かかるそうです。

image by Monkey Business Images / Shutterstock.com, Atlas
source: Ericsson via Quartz, Newsweek, UMass, WebMD

Rhett Jones - Gizmodo US[原文
(Rina Fukazu)