フロリダで肉食ウジが発生、去勢バエを放って退治中

フロリダで肉食ウジが発生、去勢バエを放って退治中

人間も食べるそうです…!

今米国フロリダ州で、生きた動物の肉を食べるウジが発生中です。現段階で大きな被害が確認されているのはシカですが、人間だって食べることがあるそうです。当局はそのウジの種を根絶すべく、去勢したハエを何億匹も放っているところです。トップ画像はその成虫、ウジの段階ではこんな感じです。

フロリダで肉食ウジが発生、去勢バエを放って退治中2

Image: CSIRO

ラセンウジバエ(Cochliomyia hominivorax)と呼ばれるこの種は、30年以上前にも米国を襲ったことが知られています。今回の大発生では、フロリダキーズにだけ生息する絶滅危惧種のシカが推定1,000頭のうち120頭以上死亡していて、現在シカを隔離するための設備が準備中です。他にはペット数匹にも寄生が確認されていますが、家畜や人間への寄生はまだ報告されていません。

フロリダで肉食ウジが発生、去勢バエを放って退治中 1
フロリダキーズにだけ生息するキージカ。(Image:Wikimedia/Averette)

現在ラセンウジバエが発生しているのはフロリダキーズの中のふたつの島に限られていますが、すでにその地域を含むモンロー郡全体に農業非常事態が発令されています。当局は去勢したオスのハエを大量に放つことで、ラセンウジバエを根絶やしにしようとしています。うまく行けば去勢されたハエがメスと交尾し、世代を経るごとに生殖能力を持つオスが減り、最終的にはいなくなるというわけです。

米国農務省によれば、今は週2回、300万匹以上の去勢バエが放たれていて、フロリダキーズでは10月11日以降25カ所でのべ87回ハエがばらまかれてきました。いつまで続くかとか、それにかかるコストとかはわかりません。この手の活動には通常6カ月くらいかかります。

ラセンウジバエの幼虫である肉食ウジは、名前の通りらせん状に動物の肉に入り込み、内側から噛みちぎっていきます。一般的には、動物の傷口から体に入っていきます。人間が食べられる例はまれで、現在の大発生においては(まだ)報告されていませんが、ないわけじゃありません。

ちなみにブラジルでも、病原菌を運ぶ蚊を根絶すべく、遺伝子操作した蚊を大量に撒くというプロジェクトが進行中です。ただちょっと違うのは、去勢バエのほうは普通のハエに放射線を浴びせるだけで、遺伝子操作はされていないことです。この手法は1950年代に米国農務省が編み出したもので、これまで米国南部やプエルトリコなどで成果を上げてきました。

ラセンウジバエは熱帯の虫なので、これが米国に再登場したということは、地球温暖化と何らかの関係があるかもしれません。でも上にも書いたように、過去にも大量発生したことがあるわけで、温暖化との関係についてはさらなる検証が必要です。

関連記事:
脳食いアメーバ、温暖化のせいで広い範囲へ生息し始める
マット・デイモン vs 食人トカゲ軍団! 映画「ザ・グレート・ウォール」予告編

Top image: Wikimedia/Edibobb
source: BBC, USDA

George Dvorsky - Gizmodo US[原文
(福田ミホ)