観客の潜在意識に訴えかける! 映画に見られる「形状」の秘密

観客の潜在意識に訴えかける! 映画に見られる「形状」の秘密 1

計算されつくしたアート。

私たちは一定の形状にイメージを持ちます。ならば、それを利用しない手はない!ということで、映画には多くの形状が利用されています

では、どのよな形状がどういった風に使われているのか? その秘密とテクニックを探って見ましょう。

こちらはNow You See Itによる、映画で見られる形状について解説した「Movie Geometry - Shaping the Way You Think」という動画でした。では内容をおさらいしてみましょう。

観客の潜在意識に訴えかける! 映画に見られる「形状」の秘密 2

まずはじめに、上の画像の二つの形状を見て、どちらがボバでどちらがキキだと思いますか? 大多数の人が、尖った方をキキ崩れた花のような方をボバと言います。これは国や人種、性別、年齢関係なしの結果

人は潜在的に特定の形状にある印象を持ちます。フィルムメーカーはそれを利用し、観客にキャラクターの性格やイメージを案に伝えようとしています。

それが顕著なのがアニメーションです。

観客の潜在意識に訴えかける! 映画に見られる「形状」の秘密 3

優しげ。愛され系のキャラクターが丸みを帯びているのはそのため。
例)「ジャングル・ブック」のバルー、ミッキーマウス

四角退屈、古臭い、頑固
例)「カールじいさんと空飛ぶ家」のカール爺さん、「インサイド・ヘッド」のイカリ

三角人を寄せ付けない、意地悪。悪役は三角を多用した外見をしている。
例)「眠れる森の美女」のマレフィセント、「千と千尋の神隠し」の湯婆婆

このテクニックはアニメーション、実写に関わらず使用されています。例えば、ダースベイダーのマスクにはヴィランを感じさせる三角が見られますが、ダースベイダーをパロディしたお馬鹿ヴィランのダーク・ヘルメット(スペースボール)には丸が使われています。

「眠れる森の美女」をヴィラン視点で実写化した映画「マレフィセント」では、眉毛、顎、頬骨を可能な限りシャープに見えるような工夫がされています。

また、形状がつかわれているのはキャラクターに限ったことではありません。登場人物の置かれた状況を案に印象付けるのにも一役買っているのです。

四角:ある状況から逃れられない、捕まってしまったといったイメージ。

監視や見張り

縦や横ライン監獄に閉じ込められているような、捕らえられた状況。

三角パワーダイナミクス

直線フレーム物理的分離

直線視線

こういった隠れた形状を意識して、少し違った映画の見方を楽しんで見てはいかがでしょうか。

関連記事:
1,000作品以上を網羅した「文字を抜いた」映画のポスターの画像集
ロープがスルスルっと動いて時刻を表示。シンプルだけど複雑なピタゴラ風の時計
物語の入口。たった30分で描かれた美麗なSFコンセプトアート

image by YouTube
source: YouTube

中川真知子