Google Researchが新技術「RAISR」を発表。低解像度の画像を一瞬にして高解像度にする!

Google Researchが新技術「RAISR」を発表。低解像度の画像を一瞬にして高解像度にする

解像度が低い写真も、かなりの精度で復元できるようになりました。

Google Researchが発表した「RAISR(Rapid and Accurate Image Super-Resolution)」は、リアルタイムで低解像度の画像を高画質化するテクノロジー。従来の高解像度化技術と比較して、10倍〜100倍のスピードで高画質化することが可能になりました。また、帯域幅が少ないモバイルデバイスからも、低解像度の画像を送信し、ほぼリアルタイムで画像を処理して、高解像度版に復元することができます。

RAISIRは、2つの方法によって機械学習が行なわれることで画像処理の精度とスピードを上げています。

ひとつは、「同じ画像の低解像度版と高解像度版」のセットにして学習する方法。そして、もうひとつは、低解像度画像を高画質化する従来の手法である「アップサンプリング」された画像から学習していく方法。

Google Research RAISR 1

この3枚の写真は、左から低解像度のオリジナル画像、アップサンプリングで高解像度化された画像、RAISRで高解像度化された画像。RAISIRが一番シャープに仕上がっていることがわかりますね。

アップサンプリング版はピクセルが増えているものの、輪郭がぼんやりしている一方、RAISRは「同じ画像のアップサンプリング版と高解像度版」のセットで機械学習することで、従来より高精度に仕上げることができるのです。

これらのアルゴリズムは、近接するピクセルに基づいてピクセルを推測し、エイリアシング(ギザギザ)を人工的に生成します。欠落している画像情報を直接取り込むのではなく、基礎となる構造を学習し保存していくことで構築していく機械学習アプローチを開発しました。

このテクノロジーによって、スマートフォンやタブレットなどのタッチディスプレイの「ピンチアウト」の機能を改良させたり、モバイル端末に保存されている画像を、容量を抑えた低解像度のまま保存・送信できるようになるようです。

言われないと気づかない、地味にすごいテクノロジーもどんどん進化しています。

関連記事:
Google EarthがVR対応で世界一周気分
スマホの爆発を防止できるか? GoogleによるUSB-Cの新規格

image by Google
source: Cornell University Library, Tech2

(mayumine)