スマホの爆発を防止できるか? GoogleによるUSB-Cの新規格

スマホの爆発を防止できるか? GoogleによるUSB-Cの新規格

もうこれで、火事や爆発に怯えなくてもよくなるのかな?

Googleは、Android携帯のメーカーにAndroid Compatibility Definition Document(CDD)を配布しています。これはメーカーの作るデバイスがAndroidに確実に対応できるようにするガイドラインです。

CDDは先日、Android 7.0(Nougat)に対応するためにアップデートされましたが、USB-C周りに興味深い変更が見られました。Ars Technicaによると、Googleは急速充電に各社独自の技術ではなくUSB Power Deliveryを強く推奨しているそうです。

CDDにはこうあります:

Type-Cに関してはVbusの電圧を基準値より上げたり、シンク/ソースの役割を変えることでUSB Power Deliveryに対応しているデバイスやチャージャーとの相互運用性に問題をきたすような独自の充電法を使わないことを強く推奨します。今でこそ「強く推奨」としていますが、将来のAndroidでは全てのType-Cデバイスに対して、標準的なType-Cチャージャーとの完全な相互運用性を「必須」とする可能性もあります。

急速充電はAndroid携帯の間では共通の機能となっています。数分でそこそこ充電できるなら、わざわざ数時間待ちたいとは思わないですよね。現在、USBの急速充電技術に関して複数の会社が競い合っています。ハイエンドスマートフォン用のチップセットを作っているQualcommは、独自のQuick Chargeという急速充電技術を持っています。Asus、HTC、Xiaomi、LeEco、LG、ZTE、そしてSonyはこの技術を使用しています。

しかし、USBにはスタンダードでUSB Power Delivery(USB-PD)という機能があり、Googleはこちらをメーカーに対して推進しているのです。独自のものより認定されたスタンダードな機能を推すのは、Googleのオープンな姿勢とかみ合っています。

米Gizmodoのレビュー記者であるAlex Cranz氏は、これをSamsungに対する牽制であるとも考えているそうです。SamsungはGalaxy Note 7に独自の充電技術を使っていました。Note 7のバッテリーが発火する原因はSamsungがまだ調査中ですが、当初の一説には急速充電機能が問題の一部であったとするものがありました。

現在はあくまで推奨ですが、上記のとおりGoogleはUSB Power Deliveryを必須とする可能性があり、Quick ChargeをSnapdragonチップセットの一部として売ることの多いQualcommにとっては、痛手になる可能性があります。米GizmodoではQualcommに対し、今回のアップデートが将来のプランにどう影響するのか、コメントを求めている最中です。

またGoogleはUSB-Cに関してもう一つ変更しており、こちらは誰にとってもプラスになる話です。以下はCDDから:

Type-Cデバイスは、Type-Cレジスター基準に則って1.5Aと3.0Aのチャージャーを識別し、電流アドバタイズメントの違いを検知しなければなりません。

つまり、どれだけの電流が流れ込んでいるかをUSB-Cデバイスは検知しなければならないということです。Googleのエンジニアは以前、安物のUSB-Cケーブルがラップトップや携帯をショートさせてしまうことを発見しました。こういった事例がある以上、この規定は非常に大切と言えます。USB Implementors Forum(USB-IF)は既に、デバイスが問題のないケーブルを認証できるよう強制しようとしています。この新しい必要条件はメーカー側がケーブルの起こしうる問題に対して、ちゃんとした準備を行えるようにするものなのです。

スマートフォンと安全の関連記事:
Samsung、発火事故が相次ぐ「Galaxy Note 7」の生産打ち切りを発表
「Note」シリーズは終わらない! Samsungが韓国のNote 7ユーザーに、Note 8へのアップグレード補償プログラムを発表

source: Google via Ars Techinica, Gizmodo US 1, 2

Christina Warren - Gizmodo US[原文
(scheme_a)