映画『ハリー・ポッター』シリーズが90秒でわかるレゴ動画

映画『ハリー・ポッター』シリーズが90秒でわかるレゴ動画 1

映画の見所をギュッと濃縮! ハリーの筋肉とかね。

人気映画にツッコミを入れるパロディアニメ「〇〇は、こうあるべきだ」シリーズでお馴染みのHow It Should Have Ended(通称HISHE)が、映画版『ハリー・ポッター』8部作を90秒にまとめたレゴアニメーションをアップしています。

重要事件だけをまとめたせいでドタバタ劇になっていますが、実際間違ってはいないのが面白いところ。マクゴナガル先生の変身術や『死の秘宝』のムキムキハリーなど、細かいネタまで再現されている愛あるパロディ作品です。

こちらはHISHEによる、『LEGO Harry Potter In 90 Seconds』。

動画内ではロンが「教科書が原作の映画が作られるなんて、絶対あり得ないよ(笑)」と触れていますが、11月23日(水)より公開のシリーズ最新作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は、ホグワーツの指定教科書として出版された『幻の動物とその生息地』という書籍が原作です。

この書籍は、『ファンタスティック・ビースト』の主人公ニュート・スキャマンダーが1927年に出版したという設定で、様々な魔法生物についての記述がされています。『ファンタスティック・ビースト』に登場する様々な魔法生物の名前や生態を知ることでより深く作品を楽しむことができるので、映画の観賞前後に是非チェックしてみて下さい。

関連記事:
ハリー・ポッターの呪文でスマホを操作できる! Googleと映画『ファンタスティック・ビースト』のコラボコンテンツがAndroid端末に登場
魔法動物がNYを徘徊する映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の日本版予告編
鍛冶屋チームが『ハリー・ポッター』のグリフィンドールの剣を制作

©2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. TM & DC Comics.

image by YouTube
source: YouTube 1, 2, 3, ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

勝山ケイ素