ハリー・ポッターの呪文でスマホを操作できる! Googleと映画『ファンタスティック・ビースト』のコラボコンテンツがAndroid端末に登場

ハリー・ポッターの呪文でスマホを操作できる! Googleと映画『ファンタスティック・ビースト』のコラボコンテンツがAndroid端末に登場 1

ポッタリアンも魔法使いになれる!?

今月11月23日から公開される『ハリー・ポッター』シリーズの新作映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』。魔法動物学者ニュート・スキャマンダーが主人公となる本作のキャンペーンとして、その世界観を体験できるコラボレーションコンテンツがGoogleに登場しました。

いくつかのコンテンツの中でも特に面白そうなのは、ハリー・ポッターの呪文でAndroid端末をコントロールできるというサービス。「OK Google」でアシスタントサービスを起動したあとに、「LUMOS(光よ)」と唱えるとライトがつき、「NOX(闇よ)」と唱えるとライトが消え、「SILENCIO(黙れ)」と唱えるとミュートになります。ただし、これはAndroid端末向けに提供されているサービスなので、他端末ユーザーのポッタリアンはご注意を

他にも、Googleの新VRヘッドセット「Daydream View」向けには、主人公ニュートさながらに魔法の杖を振り回せるコンテンツが用意されているとか。

さらにGoogleストリートビューでは、1926年のニューヨークで米国魔法省(MACUSA)やSteen National Bank、The Blind PigやGoldstein Residenceといった劇中に登場する建物を探検できます。

プロモーションの一環としてバットモービルのストリートビューが公開されたこともありましたが、映画の世界観に惚れ込み、浸りたいと思っているファンにとって、こういった仕掛けは嬉しいかぎり。これからもどんどん作ってほしいものです。

(C)2015 WARNER BROS ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

ハリー・ポッター関連記事:
魔法動物がNYを徘徊する映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の日本版予告編
目と耳から覚える、ABC順『ハリー・ポッター』の呪文
『ハリー・ポッター』のハリー、ロン、ハーマイオニーの19年後の家族写真が公開

source: 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』コラボレーションサイト

(たもり)