世界初の頭部移植患者、VRで新たな体に慣れる準備

世界初の頭部移植患者、VRで新たな体に慣れる準備 1

体がつながればいいってだけじゃないと。

2017年、イタリアの医師が世界初の人間に対する頭部移植を決行する予定です。技術的に本当に可能なのかがそもそもですが、超楽観的に考えてうまく頭と体がつながったとしても、それで終わりじゃありません。移植された人が、「自分の頭に他人の体がくっついている」という状態を精神的に受け入れられるのか、という問題があります。

そこでこの手術を執刀する医師のSergio Canavero氏らが活用するのが、VR(バーチャル・リアリティー)です。手術の数カ月前から、新たな体がくっついた状態を患者にVRで体験させておき、術後の衝撃に備えるということみたいです。

VRシステムを開発しているのは、米国はシカゴにあるInventum Bioengineering Technologiesという会社です。ただ、Canavero氏の手術方法と同様、そのVRシステムがどういうものなのか詳細はまだわかっていません。でも一応、こんなプロモーション動画があります。以下ネタ元のDaily Mailより。



史上初の頭部移植を受ける予定の患者は、ウェルドニッヒ・ホフマン病という難病で長年車椅子生活をしているValery Spiridonovさん。教育用ソフトウェア会社を経営しているSpiridonovさんは、こうコメントしています。

「コンピュータサイエンティストとして、(このVRシステムは)Heavenプロジェクトにとって必要不可欠な技術であることを確信しています」ちなみにHeavenプロジェクトとはこの頭部移植手術のことで、「Head Anastomosis Venture(頭部接合事業)」の略。

でも本当に本当に頭部移植なんて可能なのかってことですが、Canavero氏はこれまでサルなど何種類かの動物で成功していると言っています。ただ医療関係者はその主張に懐疑的ですし、Canavero氏が出している情報も多くはありません。

The AtlanticのSam Kean氏は、頭部移植後のサルの動画を見せられ、こう記事に書いています。「サルは誰かが鉗子で目を突いたときに瞬きしたが、それ以外は硬直しているように見えた」

また、医学雑誌「Surgery」の編集長でメイヨー・クリニック医師のMichael Sarr氏はiNewsに対し、そのような手術は可能かもしれないとしつつ、その難しさを指摘します。「頭を体に移植するなら、脊髄や骨、筋肉、食道、動脈、静脈、食道に沿ったいくつかの神経も接続する必要があります。それぞれに少なくない問題があり、それらが一緒になると問題はもっと大きくなります

うーん、どうなることでしょうか。前例のない手術を受けようと決めたSpiridonovさんの勇気が無駄にならないことを祈るばかりです。

関連記事:
頭部が結合して生まれた双子の赤ちゃん、分離手術が成功
脳の命令をワイヤレスで脚に送るデバイスによって、下半身不随のサルが再び歩行可能に

image by Inventum Bioengineering Technologies

source: Daily Mail, The Atlantic, iNews

Rhett Jones - Gizmodo US[原文
(福田ミホ)