iPhone 6sいきなりシャットダウン問題にバッテリー交換プログラムが登場

    iPhone 6sに電源問題のバッテリー交換プログラムが登場

    僕のiPhone 6sも、おかしかったような…。

    最新ガジェット好きの目はすでにiPhone 7に移っていますが、今も利用者の多そうなiPhone 6s予期せぬシャットダウンによるバッテリーの交換プログラム登場しました。

    Apple(アップル)によれば、対象のiPhone 6sは2015年9〜10月に製造された一部のシアルナンバーの端末となり、「非常に数が限られている」とのこと。ただし症状が確認できた場合は、以下の方法でバッテリーの交換を行なってください。

    1、アップルストアでの交換

    2、正規サービスプロバイダーでの交換

    それぞれの店舗では端末のシリアルナンバーを確認し、問題のある端末だと判明した場合には無料でのバッテリー交換が可能です。ただし、携帯電話のキャリアショップでは交換が行なえないので注意が必要ですね。

    もちろん、交換に訪れる前には「端末のバックアップ」をお忘れなく!

    関連記事:
    素朴な疑問。なんで新しいMacBook ProとSurfaceは古いCPUなの?
    新型MacBook ProにAppleファンが感じる不満まとめ。付録:過去に遡る男のMBPレビュー

    Top image by Gizmodo US
    source: Apple

    (塚本直樹)