iPhoneがプロジェクターになるケースが凄い

iPhoneがプロジェクターになるケースが凄い

iPhoneケースの可能性を知りました。

iPhoneケースにはデザインにこだわったものから外部バッテリーになるものまでありますが、なんとサンコーレアモノショップから新たに登場したのは「iPhoneがプロジェクターになるケース」です。

プロジェクターといえば「設置やケーブル配線が面倒くさそう…」というイメージがありますが、この「iPhoneケース型モバイルDLPプロジェクター Lightning - Digital AVアダプタ付き」ならiPhoneをケースに挿入するだけ。これで、どこでも映像を大画面で投影できるんです。

iPhoneがプロジェクターになるケースが凄い 1

このケース型プロジェクター、薄さはなんと2.6cm。ポケットにプロジェクターが入る未来がきていたなんて、知りませんでした。重量も195gと軽々です。

本体にはバッテリーを内蔵しており、5時間の充電で1時間40分の利用が可能。短めの映画ならいけそうですね。またモバイルバッテリーとしても利用できます。

iPhoneがプロジェクターになるケースが凄い 2

使う対象はスマートフォンにとどまりません。HDMI経由でパソコンからの出力もOKですし、外部音声出力で外部スピーカーへも接続できます。さらに本体にもスピーカーを内蔵しているので、さまざまなシチュエーションで音声を楽しむことができるんです。

投影能力は明るさが80ルーメンで、解像度はWVGA(854×480ドット)、コントラスト比が2000:1。最大120インチまでの投影に対応しており、多少明るい部屋でもOK。あと、天井への投影もできますよ〜。

iPhoneケース型モバイルDLPプロジェクター Lightning - Digital AVアダプタ付きの対応スマートフォンはiPhone 6/iPhone 6s/iPhone 7、iPhone 6 Plus/iPhone 6s Plus/iPhone 7 Plus価格は3万9800円(税込み)です。小さいのに意外とパワフルなiPhoneケース型プロジェクター、プレゼンや映画鑑賞にといろいろと使えそうですね!

iPhoneの周辺機器情報:
AirPods、来週中にも発売か? ドイツの販売店が17日に入荷と伝える
本体より先にでちゃいました。AirPods落下防止ネックストラップ
これから続々と出てくる? AirPodsを無くさないためのケーブル

source: サンコーレアモノショップ
(塚本直樹)