タッチ操作できなくなったiPhone 6 Plus、Appleの公式修理サービスで対応開始

タッチ操作できなくなったiPhone 6 Plus、Appleの公式修理サービスで対応開始 1

お金はかかるけど…。

初の大画面サイズになった「iPhone 6 Plus」が発売されて、もう2年以上が経過してしまいました。ところが、そろそろ買い替えかなという丸2年を迎えるタイミングでまったくタッチ操作が受けつけられなくなる、いわゆるTouch Disease(タッチ病)とよばれる現象の不具合が続出! これは早く買い替えを促すAppleの策略か? そんな批判まで聞かれていましたよね。

そんな中、Appleはこのほど、公式に「iPhone 6 Plus Multi-Touch修理プログラム」を発表。スクリーン上部にグレーの帯が表示されるようになり、そのうちタッチ操作が一切できなくなるTouch DiseaseのiPhone 6 Plusを、1万4800円修理サービス料金で修理する方針を打ち出しましたよ。

Touch Diseaseが世界各地のユーザーから報告されるようになっても、Appleは公式には問題を認めず、公式修理サービスでは非対応となっていました。しかしながら、今回のiPhone 6 Plus Multi-Touch修理プログラムの提供開始によって、過去にAppleの正規サービスプロバイダで有償修理を受けたユーザーへもサポートが適用され、1万4800円より高い修理サービス料金を支払っていた場合には、返金手続きを行なうことまでアナウンスされています。

一部のiPhone 6 Plusにおいて、画面の一部がチカチカ明滅したり、マルチタッチが反応しなくなったりする場合があることが判明しました。こうした症状は、表面の硬い所にiPhoneを何度も落とした後、さらに何らかの衝撃圧力が加わったときに起きる可能性があります。

このような説明を出し、iPhone 6 Plus Multi-Touch修理プログラムをスタートしたApple。とはいえ、「そもそもの問題は、発売当時から度々指摘されたベンドゲートという曲がりやすいボディの構造に起因しており、いわばリコールのような扱いで無償修理に応じるべきではないのか?」といった、Appleの姿勢を疑問視する意見が早くもネット上にあふれているようです。この現象が生じた場合、保証期間内でも有償修理という方針のようですし、納得できないユーザーも多くいるのではないでしょうか。

関連記事:
iPhone 6/6 Plus、タッチ操作不能になる可能性あり
大画面化への道? iPhone 8は5インチ/5.8インチの2モデルになるかも
緊急番号911に電話をかけさせたiOSのバグ、とは?

source: Apple via Mark Gurman

Christina Warren - Gizmodo US[原文
(湯木進悟)