Appleのジョニー・アイブが次にデザインしたのは…クリスマスツリー!

Appleのジョニー・アイブが次にデザインしたのは…クリスマスツリー!

街はすっかりクリスマス。

ロンドンにある老舗ホテルのクラリッジスは、毎年著名人がデザインしたクリスマスツリーを飾るのがお決まり。2016年、今年のツリーをデザインしたのは、マーク・ニューソン氏とAppleのあの人、ジョニー・アイブ氏です。

Appleのジョニー・アイブが次にデザインしたのは…クリスマスツリー!2

ホテルに1歩足を踏み入れたらそこは雪に覆われた森でした、と表現されるアイブ氏のツリー。いや、クリスマスツリーというよりも、ですね。です。ホテルロビーに木がいくつも置かれています。これにプラスして、大きなライトボックスが雪をかぶった木々の白黒写真を真っ白な床に映し出すというテクノロジーの要素もあり。従来のクリスマスツリーのイメージとはかけ離れた仕上がりとなっています。

ホテルのプレスリリースにあるニューソン氏とアイブ氏のコメントによれば、

「自然よりも美しく、ピュアなもの、それが我々の作品のスタート地点で、テクノロジーとともに有機的なフォームを何度もレイヤリングしました。未来へ気持ちを高揚させると共に、伝統に大いに敬意を表する、そんな包み込むようなマジカルな体験を作り出そうとしたのです」

とのこと…。

米Gizmodoにかかれば、なんだか小難しくて高尚なこのツリーも「ないわ、ないない」の一言ですがね。確かに、画像を見てプレスリリース読んだだけでは、頭の中にハテナしかないです。しかし、きっとアイブ氏のあの声で説明されたら、高尚でありがたく感じるのでしょう。

Appleのジョニー・アイブが次にデザインしたのは…クリスマスツリー!3

関連記事:
クリスマスイルミネーションは本当にWi-Fiを遅くするの?
クリスマスツリーの片付けはGT-Rを使えば一瞬さ

image: Claridge's
source: Claridge's

Sophie Kleeman - Gizmodo US[原文
(そうこ)