来年が本命? MacBook Proの2017年モデルに32GBメモリと値下げのうわさ

来年が本命? MacBook Proの2017年モデルに32GBメモリと値下げのうわさ

そんなこと言われたら、買いにくくなってしまいますやん…。

ピピッとタッチするTouch Barを搭載するなど、大幅な刷新を受けた「最新MacBook Pro」。さて、どのモデルを買おうかな…思案していたところ、なんと「2017年モデルの新型MacBook Proは32GBメモリが選択でき、値段も下がる」とういう気になる情報が登場したんです。

今回の報告を行ったのは、実績あるアナリストことKGI証券アナリストのミンチー・クオ氏。まずApple(アップル)は大幅に進化した新型MacBookの値段を最初は高く設定する傾向があるとし、来年後半に登場する新モデルでの値下げを予測。またUSB-C対応製品の普及やTouch Bar機能の周知で、来年は消費者がより積極的に新型MacBook Proに乗り換えるだろうとしています。

次に内部スペックですが、2017年の新型MacBook Proでは32GBのメモリが選択できると予想しています。ただし、これはIntel(インテル)の新型プロセッサ「Canonlake」が間に合うかどうかにかかっています。Canonlakeと高速なメモリ規格の「LPDDR 4」を組み合わせれば、現行プロセッサより省電力で動作させることも可能です。

なお最新MacBook Proの最大メモリ搭載量が16GBと心もとないのは、消費電力の大きさが原因だとAppleのフィル・シラー氏が説明しています。いや、普段使いなら十分なんですけどね。でも重い画像編集とか、メモリをたくさん必要とするシチュエーションもMacBook Proには求められるはずです。

大刷新を遂げた最新MacBook Proですが、実用的な観点からいくつかの不満の声が上がっているのも事実。その理由の1つに、USB-Cしかない外部接続ポートがあります。個人的にSDカードスロットくらい残しておいても良かったんじゃないの〜なんて思いますけど、はたして消費者は生まれ変わった最新MacBook Proをどのように評価するのでしょうか?

MacBook Pro関連記事:
新型MacBook ProにAppleファンが感じる不満まとめ。付録:過去に遡る男のMBPレビュー
素朴な疑問。なんで新しいMacBook ProとSurfaceは古いCPUなの?
MacBook Proがついにアップデート…知るべきことすべて
新型MacBook Pro、一部モデルはThunderbolt 3ポートの性能が異なるようです

source: 9to5Mac
(塚本直樹)