MacBook ProとSurface Book、ベンチマークテストの結果は?

MacBook Pro VS Surface Bookのベンチマークテストの結果は?

2016年10月末、MicrosoftがAppleに一矢を報いる?

斬新な「ダイヤル」を提案したSurface Studioと、Surface Bookのアップデートを引っさげて、Microsoft(マイクロソフト)がApple(アップル)からプロのクリエイター(つまり、かつてはAppleのコアターゲットだったはずの人たち)を、奪っていこうとしているのが明確になったように思います。

新しいMacBook Proに搭載されたファンクションキーの代わりのOLEDタッチスクリーン「Touch Bar」は、残念だけど市場を変えるほどのゲームチェンジャーというよりは、ちょっとしたギミック止まりでした(最高のギミックもありましたけど)。それでも依然として、Appleはラップトップ市場を圧倒的に支配しています。

Surface Bookは、新しいプロセッサにグラフィックカード、バッテリー寿命の向上などのアップデートが行なわれました。去年のモデルと同様、新しいSurface Bookは画期的なハードウェアだと思います。タッチスクリーンディスプレイだけで動作できるので、タブレットのように取り外してSurfaceペンを使いながら、イラストを描いたり写真編集もできます。そして新しい「ダイヤル」は、例えば動画編集やCADデザインなど、設定を素早くコントロールしたいニーズのあるクリエイターに重宝されるでしょう。

新しい15インチのMacBook Proは、タッチバーを抜きで考えると、PhotoshopやPremiere、AutoCADといったソフトウェアをよく使う人のために設計されているわけではありません。基本的には従来のラップトップと変わってませんからね。取り外しができるディスプレイも、クールなヒンジもない。新しいOLEDタッチスクリーンは、いくつかのメニューオプションとアプリの機能にアクセスしやすくなっている、言ってしまえばそれだけです。

両方のラップトップのグラフィックカードの性能について検証していきます。

MacBook Proは、2GBのRAMを搭載した「AMD Radeon Pro 450」、一方Surface Bookは2GBのRAMを搭載した「Nvidia 965M」を採用しています。どちらも超薄型で、低消費電力、バッテリー寿命に与える影響を最小限に抑えてくれますが、それぞれ特徴があります。

Radeon Pro 450は、CADソフトで3Dオブジェクトのレンダリングスピードを向上させるように特別に設計されていますが、Nvidia 965Mは、CADのレンダリングだけではなくゲームにも有用な、汎用性の高いグラフィックカードです。

Surface BookをMacBook Proとベンチマーク比較してみましょう。

両方のラップトップのディスプレイの解像度を1,080ピクセルに近づけるように設定し(MacBook Proは1,680 x 1,050に設定する必要がありました)、グラフィックを「高」に設定、新しいゲーム「Civilization VI」でベンチマークテストを実施、平均750フレーム後で計測。

Surface Bookはフレームあたり59.4ms(ミリ秒)の速さでレンダリングでき、一方、MacBook Proは約2倍の平均98.8msの時間を費やしました。グラフィックカードの性能はSurface Bookに軍配が上がりました

そもそもMacBookのグラフィックカードは、エンターテインメント用ではなく、ビジネス用途として作られているというのもありますね。

ゲーミングPCとしてのMacBook Proは敗北するかもしれませんが(なので、ゲームのためにMacは買わないこと)、他のパフォーマンスでは優れていることがわかりました。

次のベンチマークテストは、フォトグラファーやクリエイターが最も愛するソフトウェア、Photoshop

24枚のRAW画像ファイルを一括処理してみました。その結果、MacBook Proのクアッドコア「6700 HQ Core i7Skylake」プロセッサーは、Surface Bookのデュアルコア「6600U Core i7 Skylake」プロセッサーに比べて優れていることが判明。MacBookでのバッチ処理はわずか49秒で完了、一方Surface Bookは、66秒かかりました。

さらに、MacBook Proのクアッドコアプロセッサーは、ブラウザのベンチマークでも勝っていました。

ブラウザ上で多くの作業を行なうため、WebXPRTでベンチマークテストを実行。画像のレンダリング、大量の計算処理、DNAシーケンスの分析などを実施しました。Photoshopのテストと同様、MacBook ProのほうはWebXPRTでスコア449というスピードを記録しました。Surface Bookのスコア395も決して遅くはありませんが、こちらもMacBook Proの方が優れているという結果に。

3つのベンチマークテストのうち、2つはMacBook Proに軍配が上がるという結果になりました。

つまり、MacBook Proのアップデートを辛抱強くまっていたクリエイターは、その待ち時間が無駄ではなかったということです。

打倒MacBook Proのもっとも強力な候補Surface Bookは、取り外し可能なタッチスクリーンやヒンジ機構などの斬新な機能を搭載していますが、実用スピードでみると、MacBook Proに軍配が上がるようです。

高性能なラップトップの買い換えを予定していて、MacBook ProかSurface Bookかで悩んでいる人は参考にしてみてください。

関連記事:
素朴な疑問。なんで新しいMacBook ProとSurfaceは古いCPUなの?
新型MacBook ProにAppleファンが感じる不満まとめ。付録:過去に遡る男のMBPレビュー

Alex Cranz - Gizmodo US[原文
(mayumine)