ソーシャルメディアで大流行! マネキンのように静止する「マネキン・チャレンジ」

ソーシャルメディアで大流行! マネキンのように静止する「マネキン・チャレンジ」 1

やってみる?

全米で流行っているマネキン・チャレンジ(#mannequinchallenge)をご存じでしょうか? まるで静止画のように、マネキンのように止まった状態であらゆる場面を表現した動画を撮るというもので、今やネット上にいろんな動画がシェアされています。

このブームのきっかけとなったのは、6人の高校生が「#manequinchallenge Share!! RT!!」というキャプションとともに10月26日に投稿した、マネキンのように固まっている短い動画でした。バズるまで1週間ぐらいかかりましたが、時が経つにつれ、投稿は4,500以上のリツイートと4,300以上のいいねを集めるほどになったのです。

本家本元の投稿が徐々に盛り上がるとともに、ソーシャルメディア上には新しい動画が続々と投稿されるようになりました。全米各地のティーンエイジャーのグループがマネキン・チャレンジ動画を作るようになり、そのハッシュタグ(#mannequinchallenge)は大人気になりました。

流行り出したころ、マネキン・チャレンジ動画にBGMとしてRae Sremmurdの『Black Beatlesという曲が加わるようになりました。これは、イントロ部分のシンセサイザーが、人々がフリーズした世界の雰囲気にピッタリ合ったためでした。

ブームは全米各地の高校生たちに広がり、彼らはこぞってビデオを作りはじめるようになり、フットボールの試合を応援する学生たち全員を参加させてビデオを作った高校もあるとか。高校のフットボールの試合で人気が出るやいなや、一日後には大学生のスポーツチームにも広まりました。アメリカの高校や大学でスポーツをしている人たちはマネキン・チャレンジに参加したことがあるかもしれませんね。

そして人気の絶頂にあった先週の日曜日、プロのスポーツチームまでもマネキン・チャレンジをやりました。NFLでは、試合を制したニューヨーク・ジャイアンツがロッカールームでマネキン・チャレンジの動画を作って勝利を祝いました。ダラス・カウボーイズもチームのプライベートジェットで同じことをして勝利を祝ったとか。さらにNASCARのピットクルーも流行に乗って、マネキン・チャレンジ動画をシェアしています。みんなが乗っかるということはこのブームの終焉も近い…?

そんなことはなく、まだまだ流行っていて、最新の急上昇ワードを追うGoogle トレンドによれば、このブームは上昇し続けており、先週日曜に記録したピークを凌ぐかもしれないとのこと。唯一の問題点は、チャレンジで目立つのは難しくなっているということです。

戦う、踊る、モノを破壊する、読書、ワークアウト中の人々など、考えつくかぎりのあらゆるシチュエーションが既に出揃っています。なので、もしこのトレンドで目立ちたければ、ものすごくクリエイティブになる必要があります。ブームを終わらせまいとする人たちの渾身の動画がコチラ。

そして、とうとう『Black Beatles』を歌うRae Sremmurdご本人たちもこのブームにのっかって、コンサートで観客と一緒に#mannequinchallengeに参加することに。

こちらがBGMとして使われている『Black Beatles』のMV。

さらには、R&Bグループのデスティニーズ・チャイルドのメンバー(ビヨンセ・ノウルズ、ケリー・ローランド、ミシェル・ウィリアムズ)までもが動画を投稿するほどに広まった、#mannequinchallenge。これは、日本でも流行りそう…!



インターネット・ミーム関連記事:
「ネットで広まる奇病」モルゲロンズ病
Nyan Catの再来!? 宇宙×ネコブームの波がEDMに上陸
テック界のセレブたちも挑戦した「アイスバケツ・チャレンジ
Instagramで流行中、世界中の「フードポルノ」写真

image by FooTToo / Shutterstock.com

source: Twitter 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10 Facebook 1, 2 YouTube, Instagram, Google Trends

Michael Nunez - Gizmodo US[原文
(たもり)