Marshallの新Bluetoothヘッドホン「Mid Bluetooth」の完成度をみよ

Marshallの新Bluetoothヘッドホン「Mid Bluetooth」の完成度をみよ

やばい、物欲が抑えられない…。

アンプメーカーのMarshall(マーシャル)といえばステージ機材はもちろん、最近はパーソナル用途のヘッドホンやイヤホン製品にも力を入れています。

The Vergeによると、今回、Marshallが世に送り出したのはBluetooth対応ヘッドホン「Marshall Mid Bluetooth」。同社の有線ヘッドホン「Marshall Monitor」をちょっと縦に押しつぶしたような形で、持ち運びやすいオンイヤータイプとなっています。また、ハードウェア的には「Major II」をBluetooth化したもののようです。

Marshallの新Bluetoothヘッドホン「Mid Bluetooth」の完成度をみよ 1

Marshall Mid Bluetoothは40mmのドライバーユニットを内蔵し、高音質なコーデック「AptX」に対応。また満充電で30時間バッテリーが持続します。それにコントロール用のノブが真鍮っぽい質感でカッコイイ! これこそMarshallってデザインです。

Major II Bluetoothの海外向け価格は199ドル(約2万2000円)海外の公式サイトではすでに注文が可能です。このちっちゃいのにパンチのあるデザインは、日本でもきっと人気が出るはず! 早く日本の店舗で試聴してみたいものです。

ヘッドホンの関連記事:
手で覆えばまわりの音が聞きやすくなる。ソニーのノイキャン最高峰モデル「MDR-1000X」
「秋のヘッドフォン祭 2016」で見てきた次世代ヘッドホンの眉目形

source: Marshall via The Verge
(塚本直樹)