Microsoft「Visual Studio for Mac」を発表。プレビュー版のDLも開始

Microsoft「Visual Studio for Mac」を発表。プレビュー版のDLも開始 1

開発者魂がたぎるッ!

Microsoft(マイクロソフト)は11月16日より開催されたイベント「Connect(); // 2016」にて、「Visual Studio for Mac」を正式に発表しました。

Microsoft、「Visual Studio for Mac」を発表。プレビュー版のDLも開始

Visual Studio for Macはクロスプラットフォーム開発環境「Xamarin Studio」をベースにしたもので、macOS、iOS、Androidアプリや.NET Coreを利用したサーバーアプリケーションの開発が可能です。言語としてはC#とF#に対応しています。

現在無料で公開されているプレビュー版のダウンロードはMicrosoftの公式サイトから可能。ソフトの動作にはXcodeが必要です。また同日には「Visual Studio 2017」のRC版も公開され、こちらもダウンロードが可能です。

これでMacでVisual Studioを使うために仮想環境を立ち上げたり、Boot Campを利用する必要がなくなると思うと、喜びもひとしおです。プラットフォームの壁をこえた統合開発環境の登場で、開発者の活躍の場はますます広がりそうですね。

image: Microsoft
source: Microsoft via 9to5Mac

(塚本直樹)