蚊の根絶にむけて、遺伝子操作された蚊の放出が目前

蚊の根絶にむけて、遺伝子操作された蚊の放出が目前 1

プーーーン。

蚊・ジェノサイド」が、まさに今始まろうとしています。小さい体で人間に最大のイライラを与えるだけでなく、病原菌をも運ぶ蚊。刺されない対策では生温い、元から絶とうというプロジェクトがブラジルで進行中です。

遺伝子操作したオスの蚊を世に放ち、野性の蚊と交尾させることで子孫を残せないようにするというプロジェクトが、もう最終段階にまできています。

この特殊な蚊を育成しているのはOxitecという会社。2011年から2014年の間に、すでに5回にわたるフィールド実験が行なわれており、その結果、ネッタイシマ蚊の数は90%もの減少をみせましました。実験は十分、結果も申し分なし、いつでもキラー蚊を世に放つことができます。が、まだ、ブラジルの保健機関からの承認がおりていません。

現段階では、Oxitecにとってブラジルのピラシカバという街が唯一のクライアントです。が、つい最近、110万ドル(およそ1億1400万円)規模の4年契約をその他2つの都市とも結んだところ。また、OxitecのHadyn Parry社長曰く、「その他複数の州や地方都市とも話が進んでいる」というので、これから広がっていくのでしょう。保健機関からのGOサインがでるやいなや、ガっといけます。

蚊育成所では、週6000万匹の蚊を生み出すことができ、ピラシカバの街にはプロジェクト1週目に1000万匹を放つ計画。この街の人口は36万人だというので、1人につき27匹のキラー蚊ということになりますね。

ジカ熱やデング熱が深刻な問題であるブラジルでは、病原体を運ぶものを絶つというのが画期的な計画であるのは確かな一方、生態系をいじることで長期的に見てどのような副作用、ネガティブな作用がうまれるかまでは、まだわかっていません。Oxitecの研究者は「病原菌を運ぶ蚊を排除するだけ」と非常に前向きですが、さて、人類の未来はいかに。

プーーーン。

遺伝子編集に関するその他の記事:
「遺伝子操作された蚕」の糸でボディアーマーを開発
人間の指は魚のエラから進化?
遺伝子編集ツール「CRISPR」人間への使用、承認される

source: Phys

Rhett Jones - Gizmodo US[原文
(そうこ)