MozillaのiOS向け新ブラウザ「Firefox Focus」。とにかくプライバシーを徹底重視しました

MozillaのiOS向け新ブラウザ「Firefox Focus」。とにかくプライバシーを徹底重視しました 1

モバイルデバイスのプライバシーについて、再度考える。

専門のツールがない限り、オンラインでのあなたの行動は(意識してやっていることもそうでないことも)おおよそ全てトラッキングされています。デスクトップ用のブラウザはアドオンなどでトラッキングを防ぐこともできますが、モバイル用ブラウザとなるとそこまで発達していません。だからこそ、プライバシーに重きを置いたMozillaの新iOS用ブラウザ「Firefox Focus」は新鮮なのです。

Focusはデフォルトでソーシャル系アナリティクス系のトラッキング、それに広告もブロックします。スクリーンの右上には常に消去ボタンが存在し、いつでも履歴を消去することができます。

MozillaのiOS向け新ブラウザ「Firefox Focus」。とにかくプライバシーを徹底重視しました 2

更に設定を変更することで、コンテンツトラッカーやウェブフォントもブロックし、見た目は悪くなるかも知れませんが、より高速にブラウジングすることができます。それだけでなく、消去ボタンを除いたこれらの機能をFocusメニューからSafariに追加することもできます。

プライバシー関係の設定が充実している一方で、それ以外に関してFocusは必要最低限しかなく、他のブラウザなら当たり前の機能が多く欠落しています。タブブックマークもなければ、ウェブページを簡単にシェアして、Instapaperなどのサードパーティーアプリに送る機能もありません。スクリーン下にあるメニューのボタンは一見シェアボタンに見えますが、同じページをSafariで開くだけです。

ですが、便利な機能の欠如はある意味で予想の範囲です。Focusはつまるところ、コンテンツブロッカーにアドレスバーをつけたのようなものだからです。元々は「Focus by Firefox」というアプリで、Safariを煩わしい広告から守ってくれていました。今回「Firefox Focus」とブランドが一新され、ブラウザとしてウェブページを閲覧できるようになりましたが、結局はそれだけなのです。

Firefoxは、iOSにプリインストールされているSafariや、代わりとして最も人気なGoogle Chromeに勝てないことは百も承知なのです。しかもAppleはiOS 9以降ブラウザ用の広告ブロッカーを許可しています。それでも、ブラウザ内にデフォルトでプライバシー設定がある方が便利なのは明確な上に非常に重要なので、競合ブラウザにプレッシャーを与えるために存在しているだけでも十分なのかもしれません。

米GizmodoのBryan Menegus氏は、FocusにInstapaperのような「あとで読む」系のアプリとの連携機能だけでも備われば即座にスイッチすると断言し、とりあえず当面はSafariのプライバシー機能を充実させるために使うそうです。

しかしモバイル用ブラウザが危険に晒されやすい昨今、Appleの直接の対応があまりに遅すぎるのは考えものです。Focusの登場が、AppleやGoogleに良い影響を与えるといいですね。

関連記事:
まだIE使ってる? 仕事できる人はChromeかFirefoxを好むらしい
大きなスマホでも、片手でググれる! Chromeアプリの新機能「Chrome Home」とは?
ブラウザinミュージック! アルペジオを生成できるサイトが登場

source: Mozilla, Engadget

Bryan Menegus - Gizmodo US[原文
(scheme_a)