機械学習、ついに宇宙人の探索へ。IBMとスタンフォード大がたどり着いた新たなアプローチ

Mugendai

機械学習、ついに宇宙人の探索へ。IBMとスタンフォード大がたどり着いた新たなアプローチ1

もしいるなら、向こうはどんな技術を使っているのでしょうか。

宇宙人はいるのか?」という問い。これまでも、そしてこれからも何度尋ねられるかわからないほどベタな質問ですが、その人の宇宙観がわかったりして意外と楽しいものです。

答えは人それぞれでしょうが、少なくとも、本気で宇宙人を探している人たちはたくさんいますIBMのWebメディア「無限大(mugendai)」で紹介されていたのは、そんなロマン溢れる研究に「機械学習」を取り入れたアプローチです。

IBMとスタンフォード大学の学生が取り組んだのは、宇宙からの電波信号をデータ解析し、知的生命体が発したと考えられる特殊なシグナルを発見することで宇宙人を見つけだそうするプロジェクト。機械学習が活躍したのは、この解析部分。何しろ、アンテナが受信するデータは膨大で、その容量は数テラバイトにも及ぶんだとか。たしかに単純なデータの解析なら、機械学習の最も得意とするところですもんね。

結果、機械学習はデータ処理の迅速化に大きく貢献し、プロジェクトは大成功フーリエ解析(信号処理における基本的な解析手法)や画像処理などにおいて、革新的なアルゴリズムや方法論が開発されたそうです。

これで、宇宙人が見つかる日も近いのかも? 当プロジェクトの詳細は、IBMのWebメディア、無限大(mugendai)にて是非お楽しみください。

source: 無限大(mugendai)

(渡邊徹則)