【2016楽器フェア・演奏編】見て感動、触ってもっと感動のユニーク楽器たち

【2016楽器フェア・演奏編】見て感動、触ってもっと感動のユニーク楽器たち 1

ふれるときこえる。

2016年11月4日(金)~6日(日)に東京ビッグサイトの西ホールにて開催された、日本最大の楽器総合イベント「2016楽器フェア」。

【ギター編】【シンセ編】に続き、最後は【演奏編】ということで、言葉よりも実際の演奏風景を見てもらいたいと感じた楽器をまとめています。

本来であれば、すべての楽器の演奏を見せたいところなのですが、1Kもタダではないのがこの世の中。データは命より重い……ッ!

aFrame

【2016楽器フェア・演奏編】見て感動、触ってもっと感動のユニーク楽器たち 2

まずは、これに触れるためにビッグサイトへ来たと言っても過言ではない、ATV株式会社の「aFrame」です。

やはり気になるのは叩き心地。ポリカーボネートの打面を叩いたり擦ったりする感覚はどうなのか? こればっかりは動画では感じ取れません。というわけで、演奏させていただきました。

ATV株式会社「aFrame」 #楽器フェア

tokino09さん(@tokino09)が投稿した動画 -

すまない…‥音がヘッドフォンからしかとれないようで、イヤホンをカメラのマイクギリギリまで持っていったけれど徒労になってしまい……。サウンドについてはaFrame公式の動画をご覧ください。

叩き心地ですが、1時間でも2時間でもずっと叩いていたくなる触れていたくなる、そんな心地良さです。

跳ね返りも絶妙で、指先を使ったフィンガードラムでここまでニュアンスが出せるのか!と感動しました。レスポンスも良く、リバーブのミュートや押し込みによるピッチベンドなども直感的です。五角形の形状も持ってみたら、存外マッチ。立位プレイは竹がかなりスベスベしているので、ちょっと怖いかもしれません。

裏側にまとめられた操作子の具合については、親指でスイッチングすると演奏中でもスムーズにエディットが可能。片手は中央に構えて深い音を、もう片手はツマミが近い上部に添えて乾いた音を担当するというのがやりやすいと感じました。とはいえ、プリセットを変えるだけでも十二分に楽しめます

スタッフの方に聞いてみたところ、現状「aFrame」は世界に2台しかないそうです(!)。発売時期は2017年の始めごろを予定しており、価格は16万円くらいになりそうとのこと。数字に関してはまだまだ確定ではありませんが、価格の見込みはなんとなくつけられそうです。20万円以下か、なるほど……!

ARQ Aero RhythmTrak

Zoomが満を持して送る高機能蛍光灯、じゃなくて「ARQ Aero RhythmTrak」。奇抜なかたちのドラムマシン、シーケンサー、ルーパー、シンセサイザーで、今年の6月末に発売されました。

このようにリアルタイムでも打ち込めますし、ステップ入力もできるドラムマシンであると同時に、内蔵された3軸速度センサーによって振り回すとエフェクトをぐにゃぐにゃと動かせるようです。

では、ぐにゃぐにゃと動かしてみましょう。

Zoom「ARQ Aero RhythmTrak」 #楽器フェア

tokino09さん(@tokino09)が投稿した動画 -

なぜ人はほどよいサイズのアイテムを持つと、ジュリアナ的に振り回してしまうのか。ちょうど開発に携わった方がいたので、少しお話を聞いてみました。いわく、「シーケンサーやドラムマシンはリング状になっているとわかりやすい。あと社内でも蛍光灯って言われていました」とのこと。やはり蛍光灯だったか。

実際、ドラムマシン系アプリはリング状のUIをしているものもけっこう多く、ループしていることやステップの位置などが視覚的にわかって非常に使いやすいんです。確かに画面的には都合が良いインターフェイスですが、プロダクトに起こすとこうなるんだということを、Zoomが身をもって教えてくれたということですね。ですね?

実際に使ってみた印象ですが、思いのほかドラムマシンとして使いやすいと思いました。例の振り回しも、わりと狙った感じのスウィープを出せます。ライブでの盛り上がりは間違いないでしょうし、使っていて楽しくなる楽器というのは良いです。そして、遠隔でエフェクトを操作できるのもけっこうすごいのでは?

クラビネットD-6

【2016楽器フェア・演奏編】見て感動、触ってもっと感動のユニーク楽器たち 3

珍しい!といった楽器ではありませんが、宮地楽器のブースにあったHohnerの「クラビネットD-6」がめちゃくちゃ良い音だったので、こちらも撮ってきました。

宮地楽器「Hohner Clavinet D6」 #楽器フェア

tokino09さん(@tokino09)が投稿した動画 -

鍵盤のタッチ感も音も最&高。最後に押し込んでいるアームは宮地楽器が自ら改造したもののようで、グイっと下まで押し込むとシブいチョーキングが出せます。くぁー、これもずっと弾いていたいー。

して、Lachy Doleyさんの動画を見ればわかるように、このアームを使えばエレキギターのような演奏もできるようです。

タマげたなぁ……。

ネオヴィコード

【2016楽器フェア・演奏編】見て感動、触ってもっと感動のユニーク楽器たち 4

これは神奈川工科大学が開発しているオリジナルの楽器「ネオヴィコード」。ピアノのような撥弦楽器でありながら、鍵盤を押し込むことでチョーキングが可能で、さらにはピエゾピックアップ回路を搭載しているので、多彩なエフェクトもかけられます。

神奈川工科大学「ネオヴィコード」 #楽器フェア

tokino09さん(@tokino09)が投稿した動画 -

チョーキングあり、チョーキングオフ、チョーキングあり&歪み&ワウペダル、という流れで弾いています。

見た目以上に未体験な演奏感触で、すごく新鮮でした。単音でのチョーキングはギター的ですが、和音でチョーキングするとポリフォニックシンセのピッチベンドかのようです。これはいろんな弾き方ができそう。

なお、「ネオヴィコード」自体はなんと10年も開発が続いており、今回は第6世代機の出展だそうです。開発者の方にお話を伺ったところ、「ギターよりも弦が多いためピエゾピックアップの配置に非常に苦労した」とのこと。

【2016楽器フェア・演奏編】見て感動、触ってもっと感動のユニーク楽器たち 5

画像の右、弦の下に見える緑のブロックがピックアップです。シルエットだけ見たら、ギターのピックアップ部分と似ています。奏法やスタイルこそピアノのそれですが、使っている弦はピアノ線ではなくギターの弦に似たものだそうです。

「ネオヴィコード」は前回(2014年)の楽器フェアや、2015年のニコニコ超会議などでも紹介されていました。未知の演奏体験をもたらしてくれる新時代楽器、機会があればぜひその手に。

***

この他にも、長島研究所による自動ハープ演奏

長島研究所「自動ハープ演奏」 #楽器フェア

tokino09さん(@tokino09)が投稿した動画 -

中谷インストゥルメンツが開発した、共鳴現象を利用した弦楽器「SympaSizer(シンパサイザー)」など、なんとも興味深い楽器が数多く展示されていました。

中谷インストゥルメンツ「SympaSizer」 #楽器フェア

tokino09さん(@tokino09)が投稿した動画 -

ここまでくると、楽器ってなんだろう?という哲学へ至りそうになりますが、どれもこれも見て聞いて楽しいものばかりで、やっぱり楽器って良いなぁと普遍的なトコロへ着地する次第です。

ココロオドれば、それはもう音楽。エンジョイ、そしてイッツジョインです。

次回の楽器フェアは2018年に開催予定。また会えるその日まで!
楽器関連記事
モジュール式楽器デバイス「Roli Blocks」は音楽制作をもっとモバイルにする
股間は楽器、性のグルーヴ。おち○ちんドラムマシン!
くっつけたものを何でも楽器にする「Mogees」がいよいよ販売開始!

source: 2016楽器フェア公式サイト, Zoom, YouTube1, 2, 3, 宮地楽器, Instagram

ヤマダユウス型