復刻版ファミコン「NES Classic Edition」今度は分解動画が公開される

復刻版ファミコン「NES Classic Edition」今度は分解動画が公開される 1

先日、ついに発売された復刻版ファミコン「NES Classic Edition」。Forbesによると、売上は上々で数分と持たずに各地で売り切れてしまったそうです。任天堂は更に出荷を予定しているとのことですが、いつまでも正座で待機しているわけにはいきません。

そこで登場するのが我らがインターネット。発売後、さっそく分解され、内部が公開されましたが、今回は映像で公開されています! YouTuberのJerryRigEverythingが、ファミコンを箱からアンボックスし、さらにファミコンそのものまでアンボックス(分解)して中身の詳細をみせているので、見ていきましょう。

こちらは北米のNESなので、我々日本人にはちょっと馴染みが薄いかも知れませんが、箱を開けてビニールや緩衝材を取り除き、コントローラーや本体が姿を現す時のドキドキは世界共通なのではないかと思います。ただ、ファミコンを買った当時と違うのは、ハードがこんなに小さくなかったということでしょうか。両手で覆えてしまいますからね。

肝心の箱の中ですが、至ってシンプルであまり細かく分解できないようになっています。色々と改造したり手を加えたい人には物足りないかも知れませんが、それでも強引に何かをやり遂げる人が出てきたら面白いですね。

コントローラーはオリジナルよりも複雑になっているようで、こちらはまた別の動画で公開されています。オリジナルと共通している点というと、強く引っ張られても接続部にストレスがかからないよう、内側までケーブルがまかれているクレバーな仕組みでしょうか。

とりあえずオーダーできるまで、この動画を見てパッケージを開けた時の興奮だけでも味わっておこうかな。

任天堂関連記事:
復刻版ファミコン、さっそく分解される
来年1月に「Nintendo Switch」イベント開催。発売日、価格、ソフトウェアラインナップの発表ほか、先行体験も
ヤッフー!「スーパーマリオラン」配信日は12月15日フッフー!

source: JerryRigEverything - YouTube (1, 2

Rhett Jones - Gizmodo US[原文
(scheme_a)