ロボットに「痛み」は必要か? ドキュメンタリーで研究者が投げかける問い

1 ロボットに「痛み」は必要か? ドキュメンタリーで研究者が投げかける問い

ロボットもイテテって。

人間にとっては身を守るために不可欠なメカニズムである「痛み」。ロボットが人間のパートナーとして存在するためには、人間が感じる痛みというものを感じさせるようにするべきなのでしょうか。

そんな問いをテーマに、ケンブリッジ大学の研究者たちがショートドキュメンタリー「Pain in the Machine」を発表しました。

もちろん、これまでもロボットに対して人間と同様に痛みを認識させようとする研究はいくつも発表されてきました。しかし、このドキュメンタリーでは人間の痛みというものが、感情と密接に繋がっている複雑な現象であることを指摘するうえに、高度で複雑な「痛み」という体験をロボットに教えることが果たして必要なのかという問いを投げかけています。

2 ロボットに「痛み」は必要か? ドキュメンタリーで研究者が投げかける問い

衝撃のレベルに応じて痛みを認識・反応するロボットアーム

例えば、ボストン・ダイナミクスが開発したロボットが蹴られている映像を見て、ロボットが一切痛みを感じていないのに、「可哀想」とか「痛そう」といった感想を抱いた方もいたのではないでしょうか?

それは人間にとっての「痛み」が、単に知覚するものではなく、共感によっても引き起こされ得るという複雑なものであることを表しています。

3 ロボットに「痛み」は必要か? ドキュメンタリーで研究者が投げかける問い

もしも、AIやロボットが人間と同じ身体的・精神的な痛みを共有できるとすれば、彼らは私たちにとってよりよいパートナーとなってくれるはずです。

ドキュメンタリーの制作を率いたBeth Singlerさんは、ロボットが人間に近い体験をすればするほど、痛み以外に得られる感情も増え、ロボットと人間のよりよい関係に繋がるのではと語ります。

将来的には、人間とロボットが、感情や知覚を備えた2つの生命体として、共に暮らし、理解しあうことのできる日が来るのではないかと思っています。

でもやはり考えさせられます。

ドキュメンタリーに登場する、燃えている研究所から逃げるロボットが「Why was I programmed to feel pain?(なぜわたしは痛みを感じるようにプログラムされているのだ?)」と嘆いている『ザ・シンプソンズ』からのワンシーン。

いつかロボットが複雑な感情を認識できるようになってしまったとき、わたしたちはこの質問に答えることができるのでしょうか?

関連記事:
ロボットに「痛み」を教える実験が見ていてツライ
人工知能に関する10の誤解、説明します
感情を持つロボット「Cozmo」レビュー:ペットにとって脅威になる!?

source:University of CambridgeIEEE SpectrumMotherboard

(Haruka Mukai)