CO2排出量は増加してるのに、CO2濃度増加率は落ち着いてきた...パワーアップした光合成でがんばる植物たち

CO2排出量は増加してるのに、CO2濃度増加率は落ち着いてきた...パワーアップした光合成でがんばる植物たち 1

そうはいっても限界には近いのかもしれませんが〜。

地球温暖化には、さまざまな要因があり、大気中の二酸化炭素(CO2)の濃度が増していることも一因とされてきました。20世紀の初めには、濃度が290ppmという値にすぎなかったものが、近年は400ppmという濃度にまで上昇してしまったことが懸念されています。

ところが、地球環境にダメージをおよぼすレベルまで増え続けている大気中のCO2ではあるものの、その増加率が不思議な落ち着きを見せてもいるようですよ。世界で近年急速にアップしているCO2排出量のことを考えれば、もっと恐るべきスピードで大気中のCO2の濃度が上がっていってもおかしくないのかもしれませんが…。

CO2排出量は増加してるのに、CO2濃度増加率は落ち着いてきた...パワーアップした光合成でがんばる植物たち 2

Nature Communicationsに掲載されたBerkeley Labの気象学者のTrevor Keenan氏の、Global Carbon Projectから送られた気象観測データ分析によると、右肩上がりに上昇してきた大気中のCO2濃度の増加率が2002年以降に歯止めがかかってきたのを発見したとのこと。あくまでも増加率が横ばいになっただけで、このままでは大気中のCO2の濃度が増えていくことに変わりはありません。とはいえ、この増加率のストップにより、大いに地球は救われてきたとも考えられるでしょう。

植物には光合成の働きがあり、その過程でCO2を吸収してくれています。しかしながら、熱帯雨林の伐採や干ばつ、異常気象、大規模災害などにより、自然そのものが減っていることも事実でしょう。それなのに、大量に人類社会が排出するCO2を吸収し続けて、いわばパワーアップした光合成で、懸命に大気中のCO2濃度の上昇を抑えようとしている植物たちの姿が、実際のデータの形で明らかになったと、Keenan氏は評価してもいるようですよ。

こんなにも植物たちが、光合成でCO2の吸収に励んでくれるのであれば、とにかく植林を進めて自然を増やせば、地球温暖化問題だって解消に向かうのでは? そう考えたいところでもありますけど、Keenan氏は、それほど単純な問題ではないと分析しています。

たとえば、光合成でCO2を吸収している植物ですが、当然自らも呼吸してCO2を排出しているですよね。そして、この植物によるCO2吸収量と排出量のバランスは、さまざまな要因で変動が激しいため、ここ数年間の多大なる吸収量アップさえ、いつまで続くものなのか定かではないんだとか。最近の夏の猛暑は、すでに光合成でも抑えきれないレベルへ到達してしまった可能性すら示しているのかもしれません!

今後も大気中のCO2の濃度を抑えることに、植物による光合成重要な役割を果たすのは変わりないでしょう。でも、その限界を超えるようなCO2排出量で地球環境を破壊してしまわないよう、いま人類に真剣なる努力が求められていますよ。

サイエンス関連記事:
120年前までは人類未踏の地。地球上で最後に発見された場所はどこ?
エナジードリンクの飲み過ぎは、肝炎などの健康被害の恐れにつながる
タバコを50本吸うごとに肺では1つのDNA変異が起きている

top image by Vijesh K/Flickr
source: Nature Communications

Maddie Stone - Gizmodo US[原文
(湯木進悟)