PlayStation 4 Proレビュー:すごいパワフル、でも気づかないかも… 1

見た目は違うよ。

米国では大統領選の余波でまだまだお祭り騒ぎかもしれませんが、日本では本日11月10日はゲーマーのお祭りこと「PlayStation 4 Pro(以下、PS4 Pro)」の発売日。CPUやGPUがスペックアップしただけでなく4K解像度やHDRに対応することで美麗なグラフィックを楽しめる…はずですが、実際はどうなんでしょう? 米GizmodoのAlex Cranz氏が早速レビューしているのでご覧ください。

***

まず、PS4 Proは今までのコンソールゲーム機ではあまり前例のない「同一世代間の性能差」をもたらしています。つまりゲームによってはPS4 Proで綺麗だったり、またそうでないこともあるってわけです。また、同様の現象は映像の4K解像度やHDRに対応したXbox One Sでも起きています。Xbox One SはUHD Blu-rayが再生できる一方、PS4 Proは4K解像度ゲームにだけ対応しています。

PlayStation 4 Proレビュー:すごいパワフル、でも気づかないかも… 2

一番下段がPS4 Pro。現行モデルよりもちょっと分厚く。

4K解像度に対応したPS4 Proは4Kテレビを持っていれば素晴らしい体験をもたらしてくれますが、アップグレードはそれだけではありません。違いは、色とHDR広い色域に対応したことで、RGBの各色をより現実に近いように映し出すことができます。もしあなたのテレビが広色域に対応していれば、ブルー・スクリーンもPS4よりさらに青く映るはずです。

さて、実際のPS4 Pro対応ゲーム『The Last of Us Remastered』を見ていきましょう。下画像の左がHDRなし、右がHDRあり。違いわかりますか? よく見ると、HDRありのほうが植物の色が自然にみえますね。後、カーテンの質感や空の色も違います。このような違いは、ゲームのスタート画面でより気づくことができるはずです。

PlayStation 4 Proレビュー:すごいパワフル、でも気づかないかも… 3

PS4 Proに対応したタイトルはPlayStation.Blogで発表されており、さらに追加で対応するタイトルもあります。でも、多くのゲームはPS4 Proに対応していないし、HDRへの対応はなおさらです。

下のタイトルは『Infamous First Light』。光源の再現にこだわった同ゲームでは、やはりHDRのアリ/ナシで雰囲気がだいぶ変わりますね。ただ、このHDRに対応したタイトルが少ないことがやはり難点。解像度の向上や陰影、色域、テクスチャーを改善しているタイトルは多いのですが…はがゆいものです。

PlayStation 4 Proレビュー:すごいパワフル、でも気づかないかも… 4

でもね、どうしてもこのようなゲーム機による違いが好きになれない。同じPS4でしょ? 自分の家だろうと友達の家だろうと、テレビの種類が違っていようと、同じ体験ができるべきです。その点Xbox One Sに対応しているタイトルは非常に少ないですし、Xbox Oneとの違いも「Gears of War 4」を見る限り小さなものです。

PlayStation 4 Proレビュー:すごいパワフル、でも気づかないかも… 5

さらに、そのような体験を得るのは非常に難しいのです。4K解像度やHDR、広色域…めんどくさいのでUHDと呼びますが、PS4 ProやXbox One SでUHDを楽しむにはUHD対応テレビ(500ドルから購入可能)や高速HDMIケーブルを持ち、テレビのHDCP 2.2対応ポートに接続しなければなりません。はっきりいって、自分のテレビのどのポートがHDCP 2.2に対応しているのかを知るのは難しそう。結構ハードルは高いのです。

PlayStation 4 Proレビュー:すごいパワフル、でも気づかないかも… 6

しかしですよ、いざPS4 Proを対応TVの正しいポートに接続し対応ゲームでUHDを体験すると、それはとんでもなく素晴らしいものでした。なんと、場面によってはずっと値の張るPCゲームにも張り合えるほどだったのです。しかも、4K解像度に対応したPS4 Proの価格は400ドル(約4万1000円)。同じ4K解像度を30fps以上で出力できるグラフィックボード(NVIDIA 1070とか)は、グラボ単品で400ドル(約4万1000円)もしますからね。PS4 Proのコスパは素晴らしいです。

もしあなたが最新のUHD対応TVを持っていたり、コンソールゲーム機で最高のビジュアルを楽しみたいのなら、PS4 Proは最高の体験をもたらしてくれるはずです。でも単純にいろんなゲームが楽しみたい…くらいなら、100ドル安いPS4 Slimを買うのもアリです。

まとめ

・もし対応TVを持っていれば、ゴージャスなUHD(4K解像度や広い色域、HDR)体験を味わえます。
・PS4 Proの高画質に対応したタイトルは限られていて、その対応の仕方もさまざま。一貫していません。
パッチのないタイトルでは見た目にほとんど違いはありません
・PS VRではHDRや4K解像度は楽しめません
・電源ボタンやイジェクトボタンが見やすく。もうボタンを手探りする必要はありません。
・PS3よりも静か。でもディスクが回転したりすると、ちょっとPS4よりもうるさい。

PS4 Proを買って、PS VRやっちゃうぞ!:
「PlayStation VR」ハンズオン。過渡期だが、だからこそ体験すべき
非ゲーマーだからこそ思う、PlayStation VRをやるべき理由
最高に没入するための最高の環境。PlayStation VRの推奨スペースを実際に作ってみた

source: PlayStation.Blog

Alex Cranz - Gizmodo US[原文
(塚本直樹)