瓦礫もなんのその、4本足でモコモコ歩く脚型ロボットが災害現場で活躍する未来

瓦礫もなんのその、4本足でモコモコ歩く脚型ロボットが災害現場で活躍する未来

タチコマみたい?

日本は地震や津波、山崩れなどの天災が多い国ですが、今でも救助の最前線では人の手による活動が行なわれています。しかし、人力による災害救助は危険をともなうのも事実。そこで、災害救助の現場を支えるためのロボット、脚型プラットフォーム「WAREC-1」が早稲田大学を中心に開発されました。

早稲田大学理工学術院創造理工学部総合機械工学科の高西淳夫教授、早稲田大学高等研究所の橋本健二助教授、そして三菱重工業株式会社によって開発されたWAREC-1は、4つの脚で瓦礫の上を器用にモコモコ…と歩くことができます。また、垂直なはしごの昇降や、2脚歩行もできるんだとか! 見た目のスローさに反して、かなり高性能なことがうかがえます。

これまで瓦礫の上を歩くロボットは着地地点の形状を正確に把握する必要があり、転倒の危険性がかなりありました。しかしお腹を接触させながら歩くこのロボットなら、転倒の心配はほとんどいらないはずです。

瓦礫もなんのその、4本足でモコモコ歩く脚型ロボットが災害現場で活躍する未来 1

その他にも中空構造を持つ高出力アクチュエーターユニットを採用することにより、配線が外部に露出しないシステムを実現。災害現場には配線ケーブルを切断するような尖ったものがたくさん存在しますが、そのような場所でも安定した動作が可能です。

今後WAREC-1ではバッテリー動作を可能にし、足運びの工夫や外界環境との接触への対応にも取り組みたいとしています。未来の災害現場では救助隊に引き連れられた救援ロボットが、ガショーン、ガショーンと私達を助けにきてくれるのかもしれませんね。

活躍するロボットたち:
フシンシャハッケン…中国空港に「ロボコップ」が誕生しました
世界初、血管の中を泳ぐお魚ロボット「ナノフィッシュ」
ジョージア工科大学の二足歩行ロボット、酔っぱらいよりはうまく歩ける

source: 早稲田大学
(塚本直樹)